【舩越園子コラム】世界初「ウッズのコース」が開場したけれど… | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

【舩越園子コラム】世界初「ウッズのコース」が開場したけれど…

2014年12月22日09時05分

まだまだプレーヤーとして松山英樹ら若手の壁であってほしいというのがファンの願いだ

 

まだまだプレーヤーとして松山英樹ら若手の壁であってほしいというのがファンの願いだ(撮影:岩本芳弘)

 タイガー・ウッズが自ら設計・監修した初のゴルフコースが、先週16日にメキシコでオープンした。96年にプロデビューして以来、ゴルフ界の王者であり続けてきたウッズだというのに、自身のデザインによるゴルフコースはこれが初だと聞くと、ちょっぴり耳を疑いたくなる。だが、正真正銘、今回が「ウッズのコース」の第1号だ。

タイガー・ウッズが新スイングで復帰。今季は何勝すると思う?

 もちろん、以前から構想や計画はあった。工事が始まっていたプロジェクトもあった。しかし、リーマンショックによる経済の衰退や危機、ウッズ自身の不倫騒動、あるいは大型ハリケーンによる被害など自然災害の影響もあり、これまでメキシコ、ドバイ、ノース・カロライナの3か所で「ウッズのコース」プロジェクトは、ことごとく立ち消えになった。だが、このたび開場したメキシコのエル・カードナルCCは、構想から8年がかりで、ついにオープニングセレモニーを行なうことができた。

 そのセレモニーに登場したウッズの肉体はすっかり痩せ細っていた。2週間前に開催された「ウッズの大会」ヒーロー・ワールド・チャレンジの際、体調不良に見舞われ、そのせいで体重が7キロほど減ってしまったそうだが、表情は生き生きしていた。すでに巨万の富を築き、メジャー14勝、通算79勝を挙げているウッズだが、そんな王者でも「初」が付くものを得る喜びは、やっぱり新鮮なのだろう。

 これまでの「ウッズのコース」プロジェクトは企画倒れ続きだったが、今後は2つ目、3つ目の「ウッズのコース」が次々にオープンしていく予定だそうだ。テキサス州内にも会場予定のコースがある。つい先日は不動産王のドナルド・トランプとウッズが笑顔で肩を組む写真が米ゴルフ界で一斉に出回った。

 あれはウッズとトランプのゴルフコース設計コラボレーション・プロジェクトの発表時の記念撮影だった。トランプが所有するドバイの高級リゾート内にウッズのコースを作るという計画。そんなふうにビジネスに精を出すウッズの姿を眺めると、そろそろ彼も現役のプレーヤーから引退してしまうのだろうかと不安になるが、ウッズ自身が、その可能性をきっぱり否定した。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!