【スイング解説】タイガーの“新しくも、古き”最新スイング | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

【スイング解説】タイガーの“新しくも、古き”最新スイング

2014年12月04日20時01分

最新スイングのインパクトではヘッドとボールが重なるように抜けている

 

最新スイングのインパクトではヘッドとボールが重なるように抜けている(撮影:岩本芳弘)

 自身がホストを務めるツアー外競技「ヒーロー・ワールドチャレンジ」で競技復帰を果たすタイガー・ウッズ(米国)。11月に新コーチ、クリス・コモと契約を結んだこともあり、その“新スイング”には注目が集まっているが、ALBA.Netではウッズのスイング連続写真を入手。ツアープロコーチの堀尾研仁に分析してもらった。

最新スイング連続写真はこちら!

 まず、堀尾が分析した大きな変化は、「全盛期のスイングに戻ってきている」ということ。ウッズの全盛期といえば、年間9勝を挙げ、年をまたいだメジャー大会4連勝“タイガースラム”を達成した2000年が思い出されるが、現在のウッズのスイングは、まさにその頃のものに近づいているという。

 「アドレスは、自然な前傾で、適切な体重配分になっていますし、バックスイングも以前のフラットな軌道と比べて、理想的なプレーンを描いている。ボールをよりストレートに打ち出せるスイングになっていますね」。後方からの連続写真を見ていくとわかるが、ダウンスイングでは腕と重なるようにクラブが下り、インパクトではヘッドとボールが重なるように抜けている。「ここ数年悩まされていたティショットの大きな曲がりが改善される可能性が高いです。また、強いタイガーが見られるかもしれません」。

 しかし、新コーチと契約して間もないウッズのスイングが、なぜこうも短期間で大きな変化を遂げたのか。それについて堀尾は、スイングを改造するのではなく、“戻している”からだと話す。「新しいものを作るのは難しいですが、スイングを戻すという作業は、早くフィットするものです。なぜなら、スイングが変わっていったとしても、身体には過去のスイングの感覚が残っているからです。おそらく、今回のスイングをものにするのに、そんなに時間はかからないのではないでしょうか」。

 大会開幕前、共同記者会見に臨んだウッズは、現在取り組んでいるスイングを「新しくも古きもの」と話した。かつて、圧倒的な強さでツアーを席巻した強いタイガー・ウッズが復活するのか。その第一歩は、全盛期のスイングを取り戻すことから始まる。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「大王製紙エリエールレディスオープン」ライブフォト
今シーズンも残り2戦!「大王製紙エリエールレディスオープン 」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!