舞台整ったライバル対決 松山英樹「ジョーダンに負けないように」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ダンロップフェニックストーナメント

  • 期間:2014年11月20日-11月23日、
  • 場所:フェニックスカントリークラブ(宮崎県)

舞台整ったライバル対決 松山英樹「ジョーダンに負けないように」

2014年11月22日16時25分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 松山英樹 -14
2 J・スピース -12
3 B・ジョーンズ -11
4 I・H・ホ -10
5 小田孔明 -8
  武藤俊憲 -8
7 稲森佑貴 -7
  岩田寛 -7
  チョ・ミンギュ -7
  デービッド・スメイル -7

順位の続きを見る

松山英樹、大会制覇に王手!

松山英樹、大会制覇に王手!(撮影:米山聡明)

<ダンロップフェニックス 3日目◇22日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>

 ライバルとの同組対決は、ついに最終日までもつれ込んだ。予選ラウンドから3日間続けて同組でラウンドしてきた、松山英樹ジョーダン・スピース(米国)。この日も互いにスコアを伸ばし合い、松山がトータル14アンダーで単独首位、スピースはトータル12アンダー2打差の2位でフィニッシュ。舞台は整った。

松山英樹の3日目のプレーをフォトギャラリーでチェック!!

 共に世界最高峰PGAツアーで戦う、同年代の日米ホープによる優勝争い。どちらも最後まで一歩も譲らなかった。

 スピースが3番で約9メートルを放り込んでバーディを奪うと、松山は5番、7番とバーディを奪取。11番からの3連続バーディでスピースが首位に立ったかと思えば、14番で松山がバーディを獲り返し再びタイ。終盤17番でスピースがダブルボギーを叩いたものの、最終18番パー5はそろってバーディで締めくくり、4日連続での同組ラウンドを実現させた。

 PGAツアーではもう何度も同組でラウンドを経験してきた松山とスピース。だが、4日間同組で回り、しかも最終日最終組で優勝を争うのはもちろん初めての経験となる。松山にとって今大会はホームグラウンドで迎え撃つ立場。「アメリカでもそういう戦いをしていきたいし、これがはじめの一歩として、ジョーダンに負けないように頑張りたい」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!