60位の石川遼、成熟がゆえの迷い「半端な判断が多かった」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

三井住友VISA太平洋マスターズ

  • 期間:2014年11月13日-11月16日、
  • 場所:太平洋クラブ 御殿場コース(静岡県)

60位の石川遼、成熟がゆえの迷い「半端な判断が多かった」

2014年11月16日17時16分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 D・オー -12
2 武藤俊憲 -11
3 近藤智弘 -10
  H・リー -10
5 梁津萬 -9
6 高山忠洋 -8
  松村道央 -8
  山下和宏 -8
  呉阿順 -8
10 塚田陽亮 -7

順位の続きを見る

今大会は苦戦した石川、次戦に期待!

今大会は苦戦した石川、次戦に期待!(撮影:上山敬太)

<三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日◇16日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>

 2日連続の裏街道最終組でスタートした石川遼は、1イーグル・1バーディ・2ボギーの“71”で回り、トータル5オーバー60位タイでフィニッシュ。これまでプロ転向以降トップ10を外してこなかった、大得意コースで今年は下位に沈んだ。

石川遼、浮上ならずも「収穫」 レジェンドとの18ホールに光

 それでも、2つスコアを落として迎えた18番パー5ではピン左6メートルに2オンしてバーディを奪取。さらに、後半6番パー5で約238ヤードのセカンドをピン右奥3メートルにつけてイーグルを奪って見せた。「毎ショットあれくらいピリッとした感じが欲しかったですね」と満足はしていないが、優勝争いの真裏でのラウンドについて回ったギャラリーに見せ場は作った。

 大得意大会での停滞の原因を石川は「スコアにつなげようとする気持ちが足りなかったのかもしれない。もっとガツガツしても良かったのかも」と表現した。08年のプロデビュー以降、日本での戦いは常に優勝をめざし、カップだけを見つめて“ガツガツ”戦ってきた。しかし、本格参戦3年目を迎えたPGAツアーでは、その貪欲な姿勢が必ずしも結果につながらないことを思い知らされた。

 「日本では1打でも少なく回ろうとしていたのが、PGAツアーに行ってからは1打でも“多く打たない”ゴルフをしなければいけなくなった。それは日本ではやっていなかったこと」。2度の優勝を飾った2012年大会までのように攻めていくのか、PGAツアーで培ったマネジメント力で攻略していくのか、「半端な判断が多かった」。ゴルフが成熟したがゆえの迷いは、そのままショットの乱れにつながった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本結が初戦でトップ10入り! 結果はこちら
河本が米女ツアー初参戦!「ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ」の結果はこちら
米男ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」結果
松山英樹、T・ウッズらが出場した「ファーマーズ・インシュランス・オープン」の結果はこちら
今平が出場! 「オメガ・ドバイデザートクラシック」結果
今平周吾と川村昌弘らが出場した欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」の結果はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!