岩田寛、米ツアー制覇の快挙へ1打差2位も「なにも考えてません」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

WGC-HSBCチャンピオンズ

  • 期間:2014年11月06日-11月09日、
  • 場所:シャーシャン・インターナショナルGC(中国)

岩田寛、米ツアー制覇の快挙へ1打差2位も「なにも考えてません」

2014年11月08日19時08分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 G・マクドウェル -11
2 岩田寛 -10
3 M・カイマー -9
  B・ワトソン -9
5 T・クラーク -8
  R・ファウラー -8
7 トービヨン・オルセン -7
  I・ポールター -7
9 J・ブリクスト -6
10 C・カーク -4

順位の続きを見る

快挙見えるも淡々 岩田寛がWGC制覇へ挑む

快挙見えるも淡々 岩田寛がWGC制覇へ挑む(撮影:上山敬太)

WGC-HSBCチャンピオンズ 3日目◇8日◇シャーシャン・インターナショナルGC>

 中国にあるシャーシャン・インターナショナルGCで開催されている、世界ゴルフ選手権シリーズの「WGC-HSBCチャンピオンズ」3日目。首位と4打差の3位タイからスタートした岩田寛が6バーディ・2ボギーの“68”でスコアを4つ伸ばしトータル10アンダーの単独2位に浮上した。

谷口徹、宮里優作も涙…岩田寛の人柄を映した優勝シーン

 周囲の熱狂、快挙への期待感をよそに本人は普段通り淡々とホールを重ねた。出だしの2番でボギーを叩くも、「大きかった」と振り返る4番でバーディを奪取。その割には、打った瞬間にスタスタ歩き出す“外した風”のリアクションを見せて、現地メディア、ギャラリーをポカンとさせるなど、大舞台での優勝争いでも飄々としたプレーぶりに変化はなし。

 ここから上昇気流をつかむとさらに5つのバーディを奪取。「後半はアイアンが厚く入っていると思っていたんですが、そうでもなかったのかな」とショットも冴えてリーダーボードを駆け上がった。

 日本人5人目の米ツアー優勝、そして初のWGCタイトル制覇がかかる明日へ向けての意気込みを聞かれても「明日の事は、なにも考えてません。まずは、我慢ですね」と冷静そのもの。淡々と、1打ずつ。舞台は変われど最後まで岩田らしく頂点へ歩みを進めていく。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!