初のシニアメジャー制覇!“マムシのジョー”次なる夢 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > > 記事

日本プロゴルフシニア選手権

  • 期間:2014年10月09日-10月12日、
  • 場所:サミットゴルフクラブ(茨城)

初のシニアメジャー制覇!“マムシのジョー”次なる夢

2014年10月12日19時30分

まさに尾崎直道らしい勝利で初のシニアメジャータイトルを獲得!(撮影:河橋将史)

日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ 最終日◇12日◇サミットゴルフクラブ(6,878ヤード・パー72)>

 “マムシのジョー”の真骨頂。「日本プロシニア選手権 住友商事・サミットカップ」は4ホールに及ぶプレーオフの末、尾崎直道が初のシニアメジャータイトルを手にした。

「日本プロシニア住友」の最終結果はリーダーボードでチェック!

 首位の渡辺司から1打ビハインドの状態でのスタート。「流れはどう考えても室田さんと司ちゃんだった」と尾崎自身が語るように、正規の18番のバーディでトータル15アンダーに並ぶまで常にリードを許す展開。それでも「16、17、18はバーディが獲れると思っていたから」と焦ることなくチャンスをうかがうと、16番パー3ではティショットを50センチにつけるスーパーショット。18番パー5もバーディとし、プレーオフに持ち込んだ。

 “マムシ”はプレーオフでも力を発揮。2ホール目では外せば敗退が濃厚となる4メートルのバーディパットを「上りのスライス。こんなところショートしてたらしょうがない」と気合いでねじ込み、内側につけた室田、渡辺の勝ち抜けを許さず。室田は直後の3ホール目に脱落。昨年大会をプレーオフの末制した渡辺も最後は1.5メートルのバーディパットを決めきれず、尾崎の粘りの前に屈した。

 だが、不屈の男もこの勝利まで苦しみの中にいた。2012年に国内シニアツアー本格参戦初年度で賞金王に輝いたが、昨年は未勝利。チャンピオンズツアーから日本に主戦場を移してからは「のんびりやればいいかな」とゴルフに対する熱も落としていたことも確かだが、結果がでない日々に「俺はもうダメだ。球も飛ばないしさ」と関係者に弱音を吐いたこともあった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!