5位T発進の武藤俊憲、「得意コース」の三好で去年のリベンジ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

トップ杯東海クラシック

  • 期間:2014年10月02日-10月05日、
  • 場所:三好カントリー倶楽部 西コース(愛知県)

5位T発進の武藤俊憲、「得意コース」の三好で去年のリベンジ

2014年10月02日19時50分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 S・H・キム -6
  金聖潤 -6
3 H・リー -5
4 上井邦裕 -4
5 藤本佳則 -3
  武藤俊憲 -3
  金亨成 -3
  チョ・ミンギュ -3
9 B・ジョーンズ -2
  手嶋多一 -2

順位の続きを見る

武藤俊憲、得意コースで好発進!

武藤俊憲、得意コースで好発進!(撮影:ALBA)

トップ杯東海クラシック 初日◇2日◇三好カントリー倶楽部 西コース(7,315ヤード・パー72)>

 愛知県にある三好カントリー倶楽部・西コースにて開幕した国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」の初日。武藤俊憲が5バーディ・2ボギーの“69”でラウンド。3アンダーで首位と3打差の5位タイにつけた。

藤本佳則、苦手コースも無欲のゴルフで5位タイ発進

 このINからスタートした武藤は12番パー5で2オンには失敗するもサードショットで1.5メートルにつけバーディを先行させる。さらに同じくパー5の15番でも残り120ヤードサードショットを1メートルにぴたりとつけスコアを伸ばした。

 後半に入ると、1番で5メートルを沈めバーディを再び先行させた。その後は2バーディ・2ボギーでスコアを伸ばせなかったが、3アンダーで初日を終えた。

 武藤曰く「なかなか無い得意コースの1つ」という三好カントリー倶楽部。昨年も3日目に単独首位に立つなど、多くの選手が「難しい」というコースで武藤はスコアを伸ばした。その理由は「縦の距離感が合わないといけなし、いっちゃいけないところもあるけど、そういったメリハリのあるところはイメージしやすくてやりやすい」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!