新規大会の思わぬ罠 選手を襲う“2ラウンドの洗礼” | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

新規大会の思わぬ罠 選手を襲う“2ラウンドの洗礼”

2014年09月13日19時02分

5&4の大差で薗田峻輔を下し、ベスト4に進んだ竹谷佳孝

 

5&4の大差で薗田峻輔を下し、ベスト4に進んだ竹谷佳孝(撮影:ALBA)

片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 2日目◇13日◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(7,048ヤード・パー72)>

 国内では11年ぶりの開催となるマッチプレー競技「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権」。現在のシード選手には馴染みの薄いマッチプレーという競技形式のみならず、今大会ではそのハードな競技日程が選手たちを苦しめている。

松村道央、スイング回帰で得た“優勝できる”フィーリング

 「2ラウンドってこんなに疲れるんだって思いました」とはベスト4進出を決めた竹谷佳孝の弁。今大会には主催者からの招待を受けた32選手が出場し、トーナメントを最後まで勝ち抜いた選手は5度、マッチプレー競技(※18ホール)を戦うことになる。しかし、大会は3日間の日程で組まれており、2日目以降は1日に18ホールのラウンドを2回する必要がある。

 プロゴルファーという職業であっても、1日に2ラウンドすることはほとんどない。竹谷によれば、シーズンオフの合宿などで2ラウンドプレーすることもあるようだが、それはあくまでカートを使用してのもの。完全に歩きで2ラウンドをプレーする経験はプロでもほとんどないものなのだ。

 もちろんマッチプレー競技なので、試合展開によっては18ホールより少ないホール数で終わる場合もある。しかし、その一方で、エキストラホールに突入し、18ホール以上ラウンドするケースもあるのだ。実際、2日目は2回戦で3つのマッチがエキストラホールに突入。18ホール目で決着というパターンも多く、ラウンドを終えた選手たちは一様にその表情に疲労感を漂わせた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!