マキロイ時代の検証 #1 スイングの秘密 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

マキロイ時代の検証 #1 スイングの秘密

2014年08月26日12時55分

圧巻の飛距離と精度の高いアイアンショットを生み出すマキロイのスイング

 

圧巻の飛距離と精度の高いアイアンショットを生み出すマキロイのスイング(撮影:福田文平)

 全英オープン全米プロゴルフ選手権と2つのメジャーを含む出場試合3連勝を飾り、世界ランキング1位の座に浮上したローリー・マキロイ(北アイルランド)。圧倒的なショット力を武器に難コースをねじ伏せていく姿は新時代の到来を予感させた。

【みんなの意見】ローリー・マキロイの強さの秘密ってなんだと思う?

 では、新たな時代を作る25歳の強さの秘密、魅力はどこにあるのか。海外を拠点に活動を続ける、プロゴルファーでゴルフアナリストのアンディー和田氏にその秘密を聞いた。

【スイング解説】
 ローリー・マキロイのPGAツアー公式発表データは178cm、73キロ。 実際に彼と記者会見で話していると特に凄いというオーラは無く、B・ワトソンやD・ジョンソン、G・ウッドランドなどツアー屈指の飛ばし屋連中から感じる迫力とは異なる印象。

 どこから秒速55メートルを超えるクラブヘッドスピード、秒速82メートルのボール初速が繰り出されるのか不思議に思ってしまう。 しかし一旦ドライビングレンジに行くとなるほど…と納得。 肩甲骨の可動域の大きさ、全体の柔軟性、手首リストスナップの速さなどが上手く調和して、ゴルフボールは勢いよく舞い上がっていく。

 これまで色々な雑誌やウェブサイトで分析されている、マキロイ独特のインパクト前後で結果的に左腰が逆リバースに動きクラブヘッドが走るのは一般ゴルフファーが簡単に真似できる動きではないが、やはり注目すべきはしっかりとダウンスイングでインサイドからクラブを降ろし左手とシャフトのアングルを保った「タメ」、そしてインパクト後には左肘をたたみ左肩よりもフラットにシャフトを振り抜いていく「インサイド からインサイド」の軌道は参考にして欲しいところ。

ダウンスイング時にはインサイドから降ろしてくる軌道に対し、インパクトではややクラブフェースがオープン気味に入ってくるマキロイの持ち球はややプッシュアウトのドローボール。なんといっても圧巻なのはロングアイアンの弾道の高さ。 全英オープンでは3日目の終盤で2つのイーグルを奪取したが、16番では252ヤードを4番アイアン、18番では残り239ヤードを5番アイアンを使用していた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!