池ポチャ5発で14打も…18番ホールに込められた“世界基準” | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯

  • 期間:2014年06月05日-06月08日、
  • 場所:ゴールデンバレーゴルフ倶楽部(兵庫県)

池ポチャ5発で14打も…18番ホールに込められた“世界基準”

2014年06月08日19時25分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 手嶋多一 -9
2 李京勲 -8
  小田孔明 -8
4 張棟圭 -5
5 金亨泰 -4
  宮里優作 -4
7 宮本勝昌 -3
  谷口徹 -3
9 藤本佳則 -1
  K・T・ゴン -1

順位の続きを見る

国内最高コースレートを象徴する最終18番ホール!

国内最高コースレートを象徴する最終18番ホール!(撮影:岩本芳弘)

日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 最終日◇8日◇ゴールデンバレーゴルフ倶楽部(7,233ヤード・パー72)>

 設計者のロバート・トレント・ジョーンズJrいわく、「池に沿って右へドッグレッグするパー5は2打で池越えになるので、ペブルビーチの18番よりタフ」。ゴールデンバレーGCのフィニッシングホールは、国内最高コースレート77.4にふさわしい景観と難易度を誇っている。

“新・世界基準”だから見えた国内選手のレベルアップ

 この日のピンポジションは池側のエッジから5ヤード、手前エッジから6ヤード。約240ヤード先からイーグルチャンスを狙うなら、池に向かって勇気を持って打ち出していかなければご褒美はもらえない。この日も18番パー5で多くのドラマが生まれた。

 その中で“ある意味”最終組よりも大ギャラリーの注目を集めた選手がいる。藤田寛之宮本勝昌と同組でプレーした韓国のI・H・ホが、18番で“14”の大たたき。ホはティショットで右のラフに入れると、強引にグリーンを狙ったセカンドショットが池ポチャ。これが悪夢の始まりだった。

 ドロップして放った4打目、6打目、8打目、10打目…水しぶきとともにギャラリーのため息が響くこと5回。12打目でようやく花道左のラフまで持ってきたものの、グリーンオンに13打を要しこのホールだけで9オーバー。2日目には“66”を叩きだす爆発力を見せたホは、首を横に振りながら無言でクラブハウスに消えた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!