首位タイの大山志保、今季初優勝へ「悪いイメージはない」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

フジサンケイレディスクラシック

  • 期間:2014年04月25日-04月27日、
  • 場所:川奈ホテルゴルフコース 富士コース(静岡県)

首位タイの大山志保、今季初優勝へ「悪いイメージはない」

2014年04月26日19時54分

終盤に苦しんだが、首位をキープした大山志保

終盤に苦しんだが、首位をキープした大山志保(撮影:ALBA)

フジサンケイレディスクラシック 2日目◇26日◇川奈ホテルGC富士C(6,367ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」の2日目。トータル5アンダー首位タイからスタートした大山志保は4バーディ・4ボギーの“72”とスコアを伸ばせなかったが、フェービー・ヤオ(台湾)、リ・エスド(韓国)と並ぶ首位タイをキープした。

LIVE PHOTOで「フジサンケイレディスクラシック」をプレーバック!

 この日の大山は前日の勢いそのままに5番から3連続バーディを奪取。この時点でスコアを8アンダーまで伸ばして後続を引き離した。しかし前半最終の9番ではグリーン奥のカラーから3パットのボギー。トータル7アンダーに後退してバックナインのプレーに向かった。

 後半に入った大山は5ホール連続でパーを並べスコアを伸ばすことができない。むしろ15番ではセカンドショットをグリーン右に外してボギー。さらに続く16番でも50ヤードのサードショットをグリーンオーバーさせて連続ボギーを喫し、トータル5アンダーまで後退してしまった。

 ラウンド終盤で苦しい展開になった大山だが、17番パー3では5メートルのバーディパットを沈めて渾身のガッツポーズ。最終18番では2メートルのパーパットを決めきれず再びボギーとしてしまったが、それでもトータル5アンダー首位タイを堅守して最終日を迎えることになった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!