時差ボケでも…石川遼、スーパーショット締めで15位タイ発進 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

つるやオープン

  • 期間:2014年04月24日-04月27日、
  • 場所:山の原ゴルフクラブ 山の原コース(兵庫県)

時差ボケでも…石川遼、スーパーショット締めで15位タイ発進

2014年04月24日18時13分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 片山晋呉 -5
  藤田寛之 -5
3 甲斐慎太郎 -4
  谷原秀人 -4
  池田勇太 -4
  M・ヘンドリー -4
  D・オー -4
8 金度勲 -3
  貞方章男 -3
  岩井亮磨 -3

順位の続きを見る

石川遼、ぶっつけ本番ながら初日2アンダーのラウンド

石川遼、ぶっつけ本番ながら初日2アンダーのラウンド(撮影:岩本芳弘)

つるやオープン 初日◇24日◇山の原ゴルフクラブ山の原コース(6,804ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「つるやオープン」が兵庫県にある山の原GC山の原Cで開幕。主戦場を置く米国から一時帰国した石川遼は、練習ラウンドなしのぶっつけ本番ながら3バーディ・1ボギーの“69”で回り2アンダー15位タイと好スタートを決めた。

一時帰国で国内参戦の石川遼、前日コースに姿見せずぶっつけ本番

 石川は今週火曜日に米国から一時帰国。その日は自宅で「赤飯、ちらし寿司、煮物…僕の好きなものばかり作ってくれた」と母親や祖母の作る食事に舌鼓を打ってリフレッシュした。大会前日の水曜日も移動のみで休養に充てて調整。しかし、米国での戦いでしみついた体内リズムを変えることは難しく、「地に足がついていない状態。例えるなら一日中起きていてゴルフ場に来ている感じ」と時差ボケの真っただ中で初日を迎えた。

 ショットに関しても「全クラブ5%くらい飛んでいない印象」と本調子には遠かったが、時差ボケの影響が最も現れたのがグリーン上。1番からバーディパットを1.5メートルオーバーするなど、「パッティングの時に軸が安定していないなと感じた。構えたところにボールが出ていないし、5、6メートルのパットがカップにかすりもしなかった」と微妙なタッチに狂いが生じていた。

 ラウンド中はパターをグリーン上に置いてラインを確認したりと懸命に調整したが、前半はチャンスをモノにできずすべて2パット。5番パー3では奥のカラーからパターで寄せきれずボギーを叩くなど、グリーン上で首をひねる場面が目立った。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「全米プロゴルフ選手権」速報
メジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」の速報はこちら!
「ほけんの窓口レディース」ライブフォト
今週の舞台は福岡! 「ほけんの窓口レディース」のライブフォトをお届け!
ステップアップツアー「静ヒルズレディース森ビルカップ」ライブフォト
「静ヒルズレディース森ビルカップ」が開幕!ライブフォトをチェック!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗華ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!