パー5の2打目がウェッジ ワトソン、オーガスタを制する規格外の飛距離 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

マスターズ

  • 期間:2014年04月10日-04月13日、
  • 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア)

パー5の2打目がウェッジ ワトソン、オーガスタを制する規格外の飛距離

2014年04月14日11時52分

トレードマークとも言えるピンクドライバーから繰り出す規格外の飛距離がオーガスタを制圧した(Photo by Andrew RedingtonGetty Images)

トレードマークとも言えるピンクドライバーから繰り出す規格外の飛距離がオーガスタを制圧した(Photo by Andrew RedingtonGetty Images)

マスターズ 最終日◇13日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 米国男子メジャー「マスターズ」はバッバ・ワトソン(米国)の2年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。マスターズ6回目の出場で2度の優勝はアーノルド・パーマーらに並ぶ記録となる。

35年の壁に挑んだ20歳のスピース、ワトソンの前に散る

 ところで、左にドッグレッグしているホールが多いオーガスタはコントロールしにくいドローボールで攻める選手より、ボールを止めやすいフェードでコースなりに攻めることができるレフティに有利と言われている。事実、2003年にマイク・ウィア(カナダ)が優勝して以来、フィル・ミケルソン(米国)が3勝(04、06、10)、ワトソンが2勝(12、14)とここ11年でレフティだけで6勝を挙げている。

 だが、ワトソンの場合は少し事情が違うかもしれない。たしかに、極端なまでのカット打ちでスライスボールを打つワトソンはオーガスタ向きとも言えるが、ウィア、ミケルソンとの違いはその極端なまでの高弾道と飛距離だ。

 今大会の平均飛距離305.62ヤードは全選手中もちろん1位。この日パトロンの度肝を抜いたのは2つのパー5だ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「大王製紙エリエールレディスオープン」ライブフォト
今シーズンも残り2戦!「大王製紙エリエールレディスオープン 」の写真を現地からお届け!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米女子ツアー「CMEグループ・ツアー選手権」組み合わせ
畑岡奈紗が出場する「CMEグループ・ツアー選手権」の組み合わせはこちら
米男ツアー「ザ・RSMクラシック」組み合わせ
小平智が出場する「ザ・RSMクラシック」の各選手のスタート時間はこちら
今シーズン最終戦! 欧州男子ツアー組み合わせ
今シーズン最終戦! 欧州ツアー「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」の組み合わせはこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!