石川遼は優勝争いに浮上はならず…10打差16位タイで最終日へ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

HEIWA・PGM選手権

  • 期間:2013年11月07日-11月10日、
  • 場所:美浦ゴルフ倶楽部(茨城県)

石川遼は優勝争いに浮上はならず…10打差16位タイで最終日へ

2013年11月09日16時15分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 呉阿順 -15
2 小田孔明 -11
  金亨成 -11
4 宮里優作 -10
5 藤田寛之 -9
  李京勲 -9
  池田勇太 -9
  桑原克典 -9
9 谷原秀人 -8
  山下和宏 -8

順位の続きを見る

3日目巻き返しを図ったが2つ伸ばすにとどまった

3日目巻き返しを図ったが2つ伸ばすにとどまった(撮影:上山敬太)

HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦 3日目◇9日◇美浦ゴルフ倶楽部(6,953ヤード・パー71)>

 国内男子ツアーの「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」の3日目。トータル3アンダーの20位タイからスタートした石川遼は、4バーディ・2ボギーの“69”で2つスコアを伸ばしトータル5アンダーの16位タイでフィニッシュした。

石川遼の一打速報で大会3日目を振り返る!

 首位との6打差を追いかけてスタートした石川だったが、1番で約15メートルのファーストパットを2メートルショートすると、このパーパットも外し3パットのボギー発進。「グリーンが思ったよりも重くなっていて、1番は残念だった」と巻き返しの出鼻をくじかれた。その後は2番、3番とバーディを奪い返したものの、中盤以降はパッティングに苦しみ足踏みを続けた。

 ショットに関しては全体的に安定感を見せながら最後までかみ合わなかった。パッティングが決まらず悪い流れで迎えた15番パー3では、ピンポジションからフェードボールをイメージしたが軌道を大きく右に外れるミスショット。数少ないミスがボギーに結び付き追撃の足をさらに鈍化させた。

 この場面について石川は「今はドローを意識しているので、フェードを打とうとするとタイミングがズレることがある」と淡々と説明したものの、ミスショット後に天を仰ぎ悔しさをあらわにする姿がこの日のラウンドの苦しさを物語っていた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「BMW選手権」結果
松山が最終日も「63」の好スコアで3位フィニッシュ!「BMW選手権」の結果はこちら
川村昌弘が出場!「D+Dレアルチェコマスターズ」結果
川村が出場する欧州ツアー「D+Dレアルチェコマスターズ」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!