松山のペナルティに現地メディアも反応、同組のワグナーは怒りあらわ | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

全英オープン

  • 期間:2013年07月18日-07月21日、
  • 場所:ミュアフィールド(スコットランド)

松山のペナルティに現地メディアも反応、同組のワグナーは怒りあらわ

2013年07月21日05時43分

今回のスロープレーに関するルール問題は波紋を呼びそうだ(Photo by Andrew RedingtonGetty Images)

今回のスロープレーに関するルール問題は波紋を呼びそうだ(Photo by Andrew RedingtonGetty Images)

全英オープン 3日目◇20日◇ミュアフィールド(7,192ヤード・パー71)>

 上位を猛追していた松山英樹のスロープレーによるペナルティ付加は日本メディアだけではなく、現地メディアでも話題となっている。

松山英樹、スロープレーでペナルティに怒り「納得していない」

 松山は日本メディアによる取材を受けてミックスゾーンを後にしようとしたところ、地元イギリスの記者に呼び止められ経緯の説明を求められた。その際、“自分はペナルティに値するか?”“納得はしているか?”などの質問が投げかけられ、通訳を通して「納得していない」というコメントを出した。メディアからの要請を受けてR&Aは競技委員長のデイビッド・リックマン氏が緊急会見。その場にも多くの海外メディアが詰めかけ、経緯と状況の説明を求めた。

 このペナルティに対して松山と同組で回ったジョンソン・ワグナー(米国)も怒りをあらわにしている。

 会見では「彼の方がプレーのペースはすこし遅いけど、元々自分は速い選手だから彼が時間をかけすぎていたとは思えない。プレーファーストは大事だけれど、R&Aもう少しいいジャッジができても良かったんじゃないか」と語ったワグナーは、英語の話せない松山に変わりアテストエリアで競技委員に対しペナルティの不当性を主張。これには松山も「ワグナー選手も怒りを覚えていたようで、助けてくれようとしていた。感謝しています」とコメントした。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!