タイガー・ウッズを失格から救った“ハリントン・ルール”とは? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

マスターズ

  • 期間:2013年04月11日-04月14日、
  • 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア)

タイガー・ウッズを失格から救った“ハリントン・ルール”とは?

2013年04月14日11時09分

騒動を払拭し明日は巻き返しなるか タイガー・ウッズ(Photo by Andrew Redington/Getty Images)

騒動を払拭し明日は巻き返しなるか タイガー・ウッズ(Photo by Andrew Redington/Getty Images)

マスターズ 3日目◇13日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 2日目の15番パー5でドロップポイントの誤りから失格騒動にまで発展したタイガー・ウッズ(米国)。ウッズは3打目を池に落とし元の位置からの打ち直しを選択したものの、約2ヤード左後方にドロップしてプレーを続行。本来ならば誤所からのプレーにより2罰打を加えなければならないが、そのままスコアカードに署名をして提出した。

タイガー、失格騒動も動じず4打差「優勝目指す」

 マスターズ委員会はテレビ視聴者からの指摘を受けて、翌日になってウッズを呼び出して協議。結果、2罰打を加えてトータル1アンダーの19位タイからスタートさせるという裁定を下した。罰打を加えずにスコアカードを提出したことで、本来ならば過少申告により失格となるはずだったが、ペナルティは2罰打のみ。これには米メディアも「前代未聞のタイガー・ルールだ」などと批判的な論調を展開。ニック・ファルドらも「失格になるべき」などとコメントした。

 だが、ウッズ自身はこの日のホールアウト後自らのミスを認めた上で「明らかにハリントン・ルールだと思う」と今回の裁定について口を開いた。

 ウッズを失格から救ったのは、ゴルフ規則33-7/4.5にあたる“正当な措置と判断したときは、例外的な事例に限って、個々に、競技失格の罰を免除したり修正することができる”というルール。2011年に新規追加された比較的新しいもので、このルールが追加される1つの要因となったのが、ウッズが口にした“ハリントン事件”だった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!