【コラム】地味で地道なゴルフは、強かった | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

【コラム】地味で地道なゴルフは、強かった

2013年03月04日12時28分

ツアー初勝利を挙げたトンプソン やっぱりちょっと地味?

 

ツアー初勝利を挙げたトンプソン やっぱりちょっと地味?(撮影:岩本芳弘)

 首位から13打差の4オーバー、37位で終わったタイガー・ウッズ。今季は自身のシーズン初戦となったアブダビ選手権で予選落ち。米ツアー初戦のファーマーズ・インシュランス・オープンは、いきなり優勝。だが、アクセンチュア・マッチプレー選手権は1回戦で敗退し、今大会は振るわずじまい。果たして好調なのか、不調なのか。

苦しい戦いが続く石川遼が目指すゴルフとは

 初日はショットが良くてパットが悪く、2日目はその逆となって噛み合わなかった。そして決勝ラウンドはエクスキューズのオンパレードになった。3日目にチャージがかけられなかった原因は風とボールに付いた泥だと言った。「5〜6アンダーで回れるはずだった。ピンは狙っていける位置だったし、グリーンはスムーズで速くなかった。悪くとも首位と6〜7打差以内になるはずだった」。

 実際は首位と8打差で迎えた最終日はボギーとダブルボギーを次々に重ねる大荒れになった。18番のイーグルが唯一の見せ場。そして再びエクスキューズを連ねた。「そんなに悪いプレーではなかった。1〜2アンダーで回れるはずだった。ただ、ペナルティが多すぎた。池が2回、それにロストボール。問題はそれだけだった」。

 本当に「それだけ」だったのか?強風と寒さに震えた最終日は「とにかく忍耐の日だった」とタイガー自身が振り返った。その中で大きく崩れたのだから、忍耐不足だったのではないのか?ショットやパットが「そんなに悪くない」のなら、なおさら問題はメンタル面にあったのではないのだろうか。

 「目指すはW」――タイガーの常套句だ。「W」は「Win」の意。勝利のみを追い求めるタイガーであれば、勝利からほど遠い位置でのプレーとなったとき、忍耐を重ね、一打に固執するモチベーションは下がりがち。悪条件に対応し切れず崩れていった原因は、おそらくは、そこにあったはずだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!