遼、自滅で4位タイ「勝負にならなかった」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

キヤノンオープン

  • 期間:2012年10月04日-10月07日、
  • 場所:戸塚カントリー倶楽部(神奈川県)

遼、自滅で4位タイ「勝負にならなかった」

2012年10月07日17時34分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 池田勇太 -17
2 黄重坤 -14
  手嶋多一 -14
4 上平栄道 -11
  石川遼 -11
6 谷口徹 -10
7 金度勲 -9
  I・J・ジャン -9
  B・ケネディ -9
  藤田寛之 -9

順位の続きを見る

7番で痛恨のOB

7番で痛恨のOB(撮影:岩本芳弘)

キヤノンオープン 最終日◇7日◇戸塚カントリー倶楽部(7,191ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「キヤノンオープン」の最終日。09年以来となる池田勇太との最終組直接対決に挑んだ石川遼は4バーディ・5ボギー“73”と崩れ、トータル11アンダーの4位タイでフィニッシュした。

遼のプレーを1打速報で振り返る

 「勝負にならなかった」。1番ホールで追いかける立場としては苦しいボギー先行。難関の6番で、セカンドを50センチにつけてバーディを奪ったのも束の間、続く7番パー5ではティショットを右に曲げてOBゾーンに打ち込んだ。何とかボギーにおさめキズは最小限にとどめたが、その後もティショットに安定感を欠きその後始末をするのがやっと。13番で池田にイーグルを奪われ5打差とされると、「優勝争いに加われていないと思った。追いつけないかなと」とここで事実上白旗を上げた。

 勝負を分けたポイントはやはり7番だ。「“たられば”になりますけど、7番ティで完璧なスイングが出来ればまだ望みはあったと思う。あわせてしまっているところがあったので反省したい」。この1ホールで2打差が4打差に開くと、最後までトップの背中が近づいてくることはなかった。

 ツアー2度目となる池田との優勝争いも不完全燃焼に終わった。「優勝争いしているときはいつもよりも数パーセント飛んでる感じがあるんですけど、今日はなかった」と苦しいゴルフにアドレナリンも出ず、ドライバーは池田に何度もアウトドライブされた。激闘を期待した13,685人の大ギャラリーの目にも石川の“自滅”は明らか。「持っている最高のものをぶつけ合わなければ勝負の意味がない」と不甲斐ないこの日の内容に唇をかみ締めた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!