西郷真央はグリーン上に苦しみ予選落ち「とことんカップに蹴られていた」【日本勢コメント集】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

AIG女子オープン

  • 期間:2022年08月04日-08月07日、
  • 場所:ミュアフィールド(スコットランド)

西郷真央はグリーン上に苦しみ予選落ち「とことんカップに蹴られていた」【日本勢コメント集】

2022年08月06日13時00分

西郷真央のパットはカップに嫌われ続けた

西郷真央のパットはカップに嫌われ続けた(撮影:福田文平)

AIG女子オープン 2日目◇5日◇ミュアフィールド(スコットランド)◇6680ヤード・パー71>

初日を1オーバー・72位タイで終え、2日目に巻き返しを図った西郷真央だったが、最終18番でボギーを叩くなど、2バーディ・6ボギーとスコアを落としてトータル5オーバー・83位タイ。カットラインに2打届かず予選落ちとなった。

予選ラウンド終了直後、渋野日向子のインタビューが届きました!【動画】

2週前にフランスで行われたメジャー「アムンディ エビアン・チャンピオンシップ」では最終日に9つのバーディを沈めて、3位タイに入った西郷だったが、このスコットランドでは、グリーン上に苦しみ31パット。「バーディチャンスにはついているのに、それがとことんカップに蹴られていた。思ったところには打てているし、本当に1つ違えば入ってというのが、なかなか最後まで決まらなかった」と唇を噛む。

グリーン上での苦戦の理由はリンクスの強風にある。「アドレスやストロークに問題はなく、転がってから風の影響でちょっと逆に伸びてしまったりとか、上りでも駆け上がってしまったりとか、そういうのはあったかなと思います」と振り返った。

17番をバーディとして、トータル4オーバーで迎えた「最低でもパーセーブしなければならない」最終18番パー4。ティショットでは、入ればボギーを覚悟しなければならないバンカーを避けたものの、ボールはラフへ。「あんまりライも良くなくて、ピンを狙える状況ではなかった」と最後はボギーとしてしまった。ホールアウト時点では後続の結果によって通る可能性もあったが、結局予選落ちとなった

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!