渋野日向子は笑顔の“単独首位発進” 「自分が自分じゃないみたい」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

AIG女子オープン

  • 期間:2022年08月04日-08月07日、
  • 場所:ミュアフィールド(スコットランド)

渋野日向子は笑顔の“単独首位発進” 「自分が自分じゃないみたい」

2022年08月04日21時00分

この笑顔でホールアウト 渋野日向子が“全英2勝目”に向け好発進

この笑顔でホールアウト 渋野日向子が“全英2勝目”に向け好発進(撮影:GettyImages)

AIG女子オープン 初日◇4日◇ミュアフィールド(スコットランド)◇6680ヤード・パー71>

「自分が自分じゃないみたいにパッティングが入った。緊張感ある一日でした」。最終18番をパーで終えグリーンをおりた時、渋野日向子の名前はリーダーボードの最上位にあった。2019年大会覇者が、8バーディ・2ボギーの「65」をマーク。6アンダーで、ホールアウト時点で単独首位に立つ活躍を見せた。

“単独首位”で終えたホールアウト後の渋野日向子のインタビュー映像が届きました!

スタートホールの1番で7.5メートルのバーディパットを決め、一気に流れを引き寄せた。2番でも5メートルを沈めスコアを伸ばすと、さらに3番では2打目が20センチにつくスーパーショットに。今季のメジャー最終戦は、3連続バーディというド派手な幕開けとなった。

冒頭の言葉にもあるように、とにかくパターがジャストタッチでカップに吸い込まれる。決まらなくてもストレスなくパーパットが打てた一日だった。長年使用したエースから新たにPINGのマレット型パター『PLD DS 72』に替えたが、それもきっちりと仕事をした。「まだ自信がない部分もあるけど、1メートルの上りのパットが先週よりも強気に打てている」と、徐々に信頼を深めている。

後半16番パー3でフォローの風のなかティショットを1メートルにつけバーディを奪うなど、ショットはキレ、かつ風のジャッジも冴えわたる。ドライバーの飛距離も、硬い地面でしっかりとランが出て、同伴競技者2人を置いていく場面も目立った。「ライもあまりまっすぐな場所はなかったけど、そのなかで対応して怖がらず振り切れてた。全体的によく振れていたと思いますし、よー転がってくれたかなと思ってます」。思いっきりのいいスイングと、持ち前の笑顔がスコットランドが誇る名門コースで戻ってきた。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!