西郷真央、復帰初日は2アンダー 最終ホールまさかのトリ「もったいないけどドンマイ」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

ニッポンハムレディス

  • 期間:2022年07月07日-07月10日、
  • 場所:桂ゴルフ倶楽部(北海道)

西郷真央、復帰初日は2アンダー 最終ホールまさかのトリ「もったいないけどドンマイ」

2022年07月07日17時00分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 藤田さいき -6
  野澤真央 -6
  後藤未有 -6
4 吉田優利 -5
  西村優菜 -5
  佐久間朱莉 -5
  ペ・ソンウ -5
8 青木瀬令奈 -4
  鈴木愛 -4
  小祝さくら -4

順位の続きを見る

西郷真央は2アンダーもやや不満 9番のトリは「ドンマイです」

西郷真央は2アンダーもやや不満 9番のトリは「ドンマイです」(撮影:鈴木祥)

ニッポンハムレディスクラシック 初日◇7日◇桂ゴルフ倶楽部(北海道)◇6763ヤード・パー72>

米国遠征から帰国後、初の国内ツアー参戦となった西郷真央。10番スタートだった西郷は前半の9ホールでボギーなしの3バーディを奪い、後半では8ホールで2つのバーディを奪取して首位に迫った。しかし、最終9番で今季初のトリプルボギーを叩き、2アンダーと不本意な成績で初日を終えた。

きょうもフォトジェニックな臼井レイチェル【LIVEフォト】

「9番ホールはティショットでフェアウェイをキープしたのですが、ボールが芝に沈んでいて、残り170ヤードを6番アイアンで打ったセカンドショットをバンカーに入れてしまいました。特に目玉とかではなかったのですが、少し左足上がりのライでヘッドが深く入ってしまいました」

1打目でバンカー脱出ならず。再度打ったバンカーショットは「砂の量が多くてスピンをかけることもできませんでした」とピンを大きくオーバー。ボギーパットはカップをかすめて、約1メートルのパットを残した。返しは「真っすぐを狙って打ったのですが、左にわずかに切れて」トリプルボギーになったという。

「後半に入ってから下りのパットが続き、バーディパットが決められませんでしたが、ショットはよかったので、あすからもこの調子を継続していきたいです。トリプルボギーはもったいないのひと言ですが、めちゃくちゃいいところからのミスというのではなく、悪いライからのミスだったので、ドンマイです。あすは同じミスをしないように気をつけます」と爽やかに振り返った。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!