帰国して気づいたスイングのズレ 古江彩佳が取り戻した“これまで通り”の自分 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

ニッポンハムレディス

  • 期間:2022年07月07日-07月10日、
  • 場所:桂ゴルフ倶楽部(北海道)

帰国して気づいたスイングのズレ 古江彩佳が取り戻した“これまで通り”の自分

2022年07月06日18時00分

今季初出場となる古江彩佳 米国で生じたズレを修正し、勢いに乗る(撮影:鈴木祥)

ニッポンハムレディスクラシック 事前情報◇6日◇桂ゴルフ倶楽部(北海道)◇6763ヤード・パー72>

古江彩佳が今年初の国内戦に臨む。昨年の最終戦で3位タイに入り渡米。米国女子ツアーの予選会(Qシリーズ)を7位で突破し、今季は1月から米国に専念している。2週後の「アムンディ エビアン・チャンピオンシップ」を前に一時帰国。8カ月ぶりに日本のファンの前で成長した姿を見せる。

けっこうノリノリでキツネダンスを踊る小祝さくら【写真】

米ツアーでは14試合に出場し、「バンク・オブ・ホープLPGAマッチプレー」では決勝戦に進み2位に入るなど、来季のシード権はほぼ当確。ルーキーイヤーとしては順調に見えるが、6月のメジャー大会2戦で予選落ちを喫し、頭のなかには違和感が芽生えてきたと明かす。

「スイングもうまくできていない」。安定したショットが古江の持ち味だが、そこで苦労しているという。その理由は古江の言葉を借りると“芝感”。多くの選手が海外ツアーで直面するこの課題に、古江も手こずっていた。

ここまでの戦いでフェアウェイキープ率は8位と上位につけるが、パーオン率は44位。物足りなさは否めないが、その理由は米国特有の芝に影響している。「(地面が)硬いところが多いので、意識していなくても上から(ヘッドを)入れたいとか、それがスイングにも影響していた」。自然とヘッドの入射角が鋭角になっていたため、安定性を欠いていたという。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!