真剣勝負の舞台でプロと地元高校生がニアピン対決 「最終組の3人は空気が違いました」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品

  • 期間:2022年06月23日-06月26日、
  • 場所:西那須野カントリー倶楽部(栃木県)

真剣勝負の舞台でプロと地元高校生がニアピン対決 「最終組の3人は空気が違いました」

2022年06月25日19時50分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 宮本勝昌 -17
2 稲森佑貴 -16
  佐藤大平 -16
4 大西魁斗 -15
5 黒崎蓮 -13
  桂川有人 -13
  久常涼 -13
8 市原弘大 -12
  池田勇太 -12
  平本穏 -12

順位の続きを見る

真剣勝負の場でニアピン対決 ジュニアたちにとって忘れられない思い出となった

真剣勝負の場でニアピン対決 ジュニアたちにとって忘れられない思い出となった(撮影:岩本芳弘)

JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品 3日目◇25日◇西那須野カントリー倶楽部(栃木県)◇7036ヤード・パー72>

ジャパンゴルフツアー選手会が主催の今大会。選手たちの発案による企画・イベントを各種催している。大会3日目には、137ヤードに設定された8番パー3で地元高校生とのニアピン対決「プロに挑戦!! 〜いっぽんチャレンジ〜」が行われた。

ツアーの人気者 堀川未来夢&中西直人が会場を盛り上げた【写真】

試合の中で最終組から前各5組につき、高校生1人ずつが加わる。そして、3人のプロが打ったあとに同じティマークからティショットを打って、カップまでの距離を競う。欧米のツアーではよく行われているイベントである。8番ホールのティイングエリアでは、予選落ちした選手会副会長の中西直人と堀川未来夢の二人がMCとして盛り上げた。

最終組の1つ前でラウンドしていた稲森佑貴は、試合中のこうしたイベントは初体験。「子どもたちにとっては貴重な体験になると思いますね。試合中だから僕らはリアルなショットですし、目の前の一発勝負でいい緊張感を早い時期に味わえたと思います。対決形式だから僕も勝負師(のような気持ち)が出てくる。ベタピンにつけるつもりで打ちましたが、力んで左でした(笑)」と試合中ではあったが、プロ自身も楽しんでいた様子だ。

また最終組の宮本勝昌は「非常にいいなと思いますね。なかなか人前で打つという経験ができないので、ジュニアの子たちにとっていい体験ができたと思います」。優勝争いの主役の宮本は、忖度(そんたく)なしに20センチにつけるベタピンショットでプロの凄さを見せつけた。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!