トップとは“10打差”「ビッグスコアが必要になる」 畑岡奈紗が挙げた猛追へのカギは? | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

KPMG全米女子プロゴルフ選手権

  • 期間:2022年06月23日-06月26日、
  • 場所:コングレッショナルCC(メリーランド州)

トップとは“10打差”「ビッグスコアが必要になる」 畑岡奈紗が挙げた猛追へのカギは?

2022年06月25日12時00分

畑岡奈紗は決勝ラウンドでの巻き返しを狙う

畑岡奈紗は決勝ラウンドでの巻き返しを狙う(撮影:南しずか)

KPMG全米女子プロゴルフ選手権 2日目◇24日◇コングレッショナルCC(米メリーランド州)◇6894ヤード・パー72>

トータル11アンダーでトップを独走するチョン・インジ(韓国)との差は“10打”。しかし、畑岡奈紗はその背中をしっかりと見続けてプレーする。「かなり差が開いている。あと2日間、ビッグスコアを出さないといけない。頑張りたい」。その言葉にも力がこもる。

ホールアウト後インタビュー、畑岡奈紗は何を語った?

決勝ラウンド進出がかかる2日目は、バーディとボギーが行ったり来たりする展開になった。10番からスタートし、すぐ後の11番パー5でボギーが先に来たが、そこから獲っては失うという流れで4バーディ・4ボギー。「引き続きグリーンは柔らかく、ピンに絡むショットを打っていきたかった」。もったいないラウンドに、悔しそうな表情を浮かべる。

17番パー4では、ティショットがディボットに落ち「ひどいライ」になる不運も。さらに4番から8番までバーディ、ボギーと続いていった後半は、バンカーからスコアロスを喫した7番パー3が印象に残る。「本当にひどかった。突っ込めなくても5メートル手前でパットを打てたらいいと話していた。6番か7番(アイアン)で迷って、大きい方のクラブ(6番)でコントロールしたら手前のバンカー。想定外だった」。

それでも6番パー5で、右手前に切られたピン奥の傾斜を利用し2.5メートルにつけてのバーディを奪うなど、光るプレーも見せた。風が吹いた練習ラウンドに、雨のなかでプレーした初日、そして晴天のなかでプレーした2日目。それぞれコンディションが異なり、クラブの番手、スピン量などで戸惑いも覚えているが、その都度アジャストさせ予選ラウンドを戦った。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!