笹生優花「まあまあ」 ショット安定で、3試合ぶりの予選通過へ好発進 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

KPMG全米女子プロゴルフ選手権

  • 期間:2022年06月23日-06月26日、
  • 場所:コングレッショナルCC(メリーランド州)

笹生優花「まあまあ」 ショット安定で、3試合ぶりの予選通過へ好発進

2022年06月24日15時00分

笹生優花はパット苦戦も、ショット好調で15位タイ発進

笹生優花はパット苦戦も、ショット好調で15位タイ発進(撮影:南しずか)

KPMG全米女子プロゴルフ選手権 初日◇23日◇コングレッショナルCC(米メリーランド州)◇6894ヤード・パー72>

ディフェンディングとして臨んだ海外メジャー「全米女子オープン」、そして先週の「マイヤーLPGAクラシック」で予選落ちを喫していた笹生優花に、復調の兆しか。アンダースコアが14人と厳しいコンディションのなか、3バーディ・3ボギーの「72」でまとめ、15位タイで初日をスタートさせた。

笹生優花の初日ハイライト&インタビュー【動画】

6800ヤード超えの距離設定に加え、前日からの降雨によってフェアウェイが水を含んだことでランが出づらく、より距離が長くなったように感じるセッティング。それでも「距離が少し長くなったくらい。(雨があったからといって)そんなに変えたことはない」と、笹生らしいのマイペースぶりで振り返る。

「ティショットは安定していたので、この結果につながったんじゃないかと思う」と話す通り、ドライビングディスタンスで262ヤードと“飛ばし”を見せながら、14ホール中12ホールでフェアウェイをキープ。1バーディ・1ボギーで折り返した後半には、4番でおよそ4メ―トル、7番パー3で3メートルを決めてバーディを奪った。

だが、終盤の8番でアプローチを寄せきれずにボギーとすると、9番でも15メートル超えの長いバーディパットから3パットで連続ボギー。「パターがもう少し入ってくれたら」と33パットだったパターは改善の余地がありそうだが、初日のスタートダッシュにしては「まあまあ」と笑顔も見せた。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
川村昌弘、比嘉一貴が出場! 欧州ツアーのリーダーボード
欧州ツアーのリーダーボードはこちらから。
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!