6800ヤード超え+降雨=「本当にタフ」 畑岡奈紗は初メジャー制覇へ上々発進 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

KPMG全米女子プロゴルフ選手権

  • 期間:2022年06月23日-06月26日、
  • 場所:コングレッショナルCC(メリーランド州)

6800ヤード超え+降雨=「本当にタフ」 畑岡奈紗は初メジャー制覇へ上々発進

2022年06月24日12時03分

畑岡奈紗が難コンディションでも好発進を決めた

畑岡奈紗が難コンディションでも好発進を決めた(撮影:南しずか)

KPMG全米女子プロゴルフ選手権 初日◇23日◇コングレッショナルCC(米メリーランド州)◇6894ヤード・パー72>

目標とするメジャー制覇に向けて、畑岡奈紗が好スタートを切った。2バーディ・1ボギーの「71」でプレーし、1アンダー・6位タイにつけた。

初日を終えた古江彩佳へインタビュー【動画】

6800ヤード超えという距離に加え、前夜の雨とスタート時の降雨でコースはさらに長く感じられた。その難コンディションでも、畑岡はガマンを続けた。

3番で4メートルを決めてパーセーブ。続く4番も30ヤードほどから2パットで切り抜けた。そしてこの日の“一撃”は9番パー5(585ヤード)。ドライバー、3番ウッドとフェアウェイを渡り歩き、3打目は「ちょっとトラブったとき」に使うクラブ、4番ユーティリティを握らされた。

ピンが奥に切られていたとしても、練習ラウンドで想定していたのは8番アイアンで打てる距離。「一緒に回っていたリゼット(・サラス)はドライバー、スプーン(3番ウッド)、スプーンでも届かないくらい。本当にタフでした」。畑岡のUTでの3打目は届かず、グリーン右ラフからのアプローチが残った。だが2メートルに寄せてパー。前半9ホールパーを並べ続けた。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

笹生優花、畑岡奈紗、西郷真央が出場 海外メジャーのリーダーボード
海外女子メジャー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」のスコア速報。
国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!