古江彩佳がメジャーで見せた“修正力” 「最初はどうなるか…」からの挽回 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

KPMG全米女子プロゴルフ選手権

  • 期間:2022年06月23日-06月26日、
  • 場所:コングレッショナルCC(メリーランド州)

古江彩佳がメジャーで見せた“修正力” 「最初はどうなるか…」からの挽回

2022年06月24日11時32分

古江彩佳はラウンド中にちょっとひと工夫

古江彩佳はラウンド中にちょっとひと工夫(撮影:南しずか)

KPMG全米女子プロゴルフ選手権 初日◇23日◇コングレッショナルCC(米メリーランド州)◇6894ヤード・パー72>

古江彩佳が、畑岡奈紗と並ぶ日本勢最上位の1アンダー・6位タイで初日を終えた。「最初はどうなるか…」と、スタートの10番パー3では、ティショットをグリーン奥のバンカーに入れてのボギー。さらに続く11番でも左に出るショットを確認し序盤は「ドタバタした」が、6、7番の連続バーディなどで後半、盛り返した。

初日を終えた古江彩佳にインタビュー【動画】

そのための“修正力”が光った。テークバックの時にアウトサイドにクラブが出ることが原因で、左へのボールが出ると考えた古江はひと工夫。「ドライバーの時にボールの位置を遠くして、自分のリズムを心掛けたら、セカンドショットも徐々によくなった」。6番パー5は、3打目を1メートルにつけてのバーディ。7番では対照的にエッジからの10メートルをパターでねじ込んだ。

「出だしがボギーから始まるのは想像もしていなかった。アンダーまで持っていけたのは上出来だなと思う」。不安な立ち上がりからのこの結果には、胸をなでおろす。特に残り181ヤードから6番アイアンで打った2打目を3メートルにつけ初バーディを奪った15番パー4を、「あの難しいホールで獲れたのは大きかった」と殊勲の1ホールに挙げた。

先週行われた「マイヤーLPGAクラシック」最終日は、自身の米国でのベストスコアとなる「64」をマーク。これが強気のプレーにもつながる。「ショット面でもうまくつながっていると思うし、パターでもしっかり思ったところに打てている。その最終日からイメージよくできています」。雨の影響もありグリーンも止まりやすくなっていたことも、その背中を押した。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

笹生優花、畑岡奈紗、西郷真央が出場 海外メジャーのリーダーボード
海外女子メジャー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」のスコア速報。
国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!