男子世界ランク1位や、女子世界ランク2位も愛用中! “16.5度”のFWが超使える【ギア豆知識】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

男子世界ランク1位や、女子世界ランク2位も愛用中! “16.5度”のFWが超使える【ギア豆知識】

2022年06月21日20時00分

男子世界1位のスコッティ・シェフラーも、女子世界2位のネリー・コルダも、16.5度のフェアウェイウッドを愛用している

 

男子世界1位のスコッティ・シェフラーも、女子世界2位のネリー・コルダも、16.5度のフェアウェイウッドを愛用している(撮影:GettyImages)

プロアマ問わず、フェアウェイウッドの定番といえば、ロフト15度の3番ウッドと18度の5番ウッドを入れるセッティングだ。しかし、一部のメーカーからは、2つのフェアウェイウッドのちょうど間にあたる16.5度の4番ウッドもラインナップされている。かつては『バフィ』と呼ばれて親しまれたこの4番ウッドとは、どんなクラブなのだろうか。

意外とあるぞ! ロフト16.5度のフェアウェイウッド【写真】

実はマイナーに見られがちなこの4番ウッドだが、愛用する世界のトップランカーは多い。今年のマスターズを制した世界ランキング1位スコッティ・シェフラー(米国)はテーラーメイド『ステルス』の“3HL”という16.5度のヘッドを使用しているし、同2位のジョン・ラーム(スペイン)もキャロウェイ『ローグST プロトタイプ』の4番ウッドをバッグインしている。

女子プロに目を移しても、世界ランキング2位のネリー・コルダ(米国)がタイトリストの『TSi2』のロフト16.5度を使用。これだけ多くのトップ選手が4番ウッドを愛用しているのはもちろん理由がある。

まず、ロフト15度の3番ウッドに比べて、地べたから楽に高い球が打てて、キャリーを出しやすいことがメリットとして挙げられる。世界のトッププロが? と疑問に思うかもしれないが、シビアなコンディションの中で戦うトッププロだからこそ、1.5度のロフトの違いにもこだわってクラブを選んでいるのだ。

実際、同じモデルの15度と16.5度のフェアウェイウッドを打ち比べてみると、わずか1.5度の差でも歴然とした違いがある。15度は少しのミスで球が浮かなかったり、右にすっぽ抜けるミスが出るが、16.5度はしっかりつかまった球で飛ばすことができる。キャリーや平均飛距離という意味では、15度を上回る可能性が高いのだ。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら出場 海外メジャーのリーダーボード
海外女子メジャー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」のスコア速報。
渋野日向子の一打速報はこちら!
渋野日向子の全ショット詳細を“一打速報”でチェック!
国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!