パット名手4人の助言で開眼 シード復帰を目指す脇元華が好発進 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

リゾートトラストレディス

  • 期間:2022年05月26日-05月29日、
  • 場所:メイプルポイントゴルフクラブ(山梨県)

パット名手4人の助言で開眼 シード復帰を目指す脇元華が好発進

2022年05月26日18時28分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 サイ・ペイイン -6
2 石井理緒 -4
  高橋彩華 -4
  菅沼菜々 -4
5 木戸愛 -3
  松森彩夏 -3
  野澤真央 -3
  勝みなみ -3
  小祝さくら -3
  吉田優利 -3

順位の続きを見る

名手たちの助言で光明 パット改善の脇元華が好発進

名手たちの助言で光明 パット改善の脇元華が好発進(撮影:鈴木祥)

リゾートトラストレディス 初日◇26日◇メイプルポイントゴルフクラブ(山梨県)◇6580ヤード・パー72>

昨季シード権を喪失した脇元華が、名手の助言を生かして元気を取り戻した。この日は5バーディ・2ボギーの「69」3アンダーで回り、首位と3打差の5位タイ。第1ラウンドで一桁順位は昨年9月の「ゴルフ5レディス」以来で、シード奪還に向けて好位置で滑り出した。

仲良し3人組? 朗らか笑顔でラウンドする脇元華【写真】

「ティショットでフェアウェイを大きくしていないし、パーオンできているので安定してしました。(寄せるのが難しい)外しちゃいけないところに打たないように心がけていた」とこの日を振り返った。日本プロキャディ協会会長でベテランキャディの森本真佑氏と初めてタッグを組んだことも支えになっているという。

脇元は2019年に初シードを獲得したが、2020-21シーズンは、賞金ランキング75位とわずか1シーズンでシード陥落。年末のQTファイナルステージは79位で、今季前半の出場権を手にすることはできなかった。「初めてゴルフが嫌いになりました」と12月いっぱい、ほとんどクラブを握らずゴルフから離れた。

調子を落とした要因はパッティングだった。「2年間、とにかくひどかった。1.5メートルが入らない。自分ではドン底までいきました」。実際、平均パット数(1ラウンドあたり)は19年シーズンは29.7255(18位)だったが、昨季は31.0088(91位)に落としていた。単純にパッティングだけで1ラウンド1打以上増えていたことになる。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら出場 海外メジャーのリーダーボード
海外女子メジャー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」のスコア速報。
渋野日向子の一打速報はこちら!
渋野日向子の全ショット詳細を“一打速報”でチェック!
国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!