ドローで6勝もフェード主体にチェンジ 小祝さくら「いいショットが打てたときは安定感が全然違う」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

リゾートトラストレディス

  • 期間:2022年05月26日-05月29日、
  • 場所:メイプルポイントゴルフクラブ(山梨県)

ドローで6勝もフェード主体にチェンジ 小祝さくら「いいショットが打てたときは安定感が全然違う」

2022年05月26日07時10分

小祝さくらがフェーダーに転身(撮影:鈴木祥)

リゾートトラストレディス 事前情報◇25日◇メイプルポイントゴルフクラブ(山梨県)◇6580ヤード・パー72>

ドローが持ち球だった小祝さくらが、基本の球筋を変えて進化中だ。2017年のプロテストに合格し、プロ生活5年で通算6勝を挙げ、昨季は賞金ランキング3位に入った。その屋台骨は左に曲がるドローボールである。

小祝さくらの2022年スイング【連続写真】

今季の小祝は、アマチュア時代に打てなかったフェードを基本の球筋としている。「ストレートに近いフェード」と大きく右に曲がるフェードではなく、ほぼストレートのフェードの球筋だ。「ドローがきつくなると手を返しちゃう(悪い)クセが出たり、体がターンするために引っかけだったり、タイミングが命のスイングになるのでそこを無くしたいと思ってフェードに変えました」。

プロ入り後は技術力が上がりフェードが打てるようになり、昨年も数試合はフェード主体で臨むこともあったが、「安定しない感じ。ごまかしている感じでしっくり来ていなかった」。このオフは本腰を入れてフェードに取り組んでいた。「今年はけっこう練習をして、自信をつけてコースで使っている感じです」と手応えがある。

ただ、ここ3試合はスイングにつかまえる要素を入れるためにドローを基本にした。先週の「ブリヂストンレディス」では「ティショットがかなり曲がって」予選落ちを喫した。2日間のフェアウェイキープ率はわずかに28.5パーセント。「先週のイメージが悪かったので、いいイメージに変えられるように頑張っていきたい」。先週は予選落ち後、ラウンド練習でフェードを再確認。今週は基本に立ち返ってフェードの意識で挑む。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!