最終日の「62」から一転、4日連続オーバーパー 松山英樹が「全然なかった」と語る“キープする力” | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

全米プロゴルフ選手権

  • 期間:2022年05月19日-05月22日、
  • 場所:サザン・ヒルズCC(オクラホマ州)

最終日の「62」から一転、4日連続オーバーパー 松山英樹が「全然なかった」と語る“キープする力”

2022年05月23日08時53分

悔しいかたちで72ホールを終えた

悔しいかたちで72ホールを終えた(撮影:GettyImages)

全米プロゴルフ選手権 最終日◇22日◇サザン・ヒルズCC(米オクラホマ州)◇7556ヤード・パー70>

最終日の巻き返しはならなかった。松山英樹は4バーディ・7ボギーの「73」と4日連続のオーバーパーで、トータル9オーバーの60位タイ。メジャータイトル2勝目はならなかった。

怪物たちの“飛ばし”まとめました 松山英樹の400ヤードオーバーも!【PGAツアー動画】

最高のかたちで大会に入ってきたはずだった。前週の「AT&Tバイロン・ネルソン」では途中苦しみながらも最終日に1イーグルと9つのバーディを奪って「62」。優勝こそ届かなかったものの3位タイでフィニッシュ。「優勝するにはもう少し細かいことをやっていかない」としながらも、「ティショットもセカンドショットも、自分がやりたいことが出来た時はいいパフォーマンスを出せたかな」と一定の状態まで仕上がっていた。

だが、今週はそのショットがうまくいかない。4日間トータルでフェアウェイキープは58.93%、パーオン率も54.17%と「やっぱり違和感があって、なかなか自分の思った…。特にアイアンは縦の距離も合わないですし、100ヤード前後から7〜8メートルじゃちょっと…」と、ともにショットメーカーらしくない数字が並ぶ。

さらにこの日は外したホールでしのげない。この日は8回バンカーに入れてサンドセーブは50%、パーセーブ率に至っては22.22%。ショットはピンに絡まず、外したところでボギーという展開が続いた。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら出場 海外メジャーのリーダーボード
海外女子メジャー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」のスコア速報。
渋野日向子の一打速報はこちら!
渋野日向子の全ショット詳細を“一打速報”でチェック!
国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!