男子の“黄金世代”清水大成が5差8位で最終日へ テークバック修正で「アイアンがピンに飛ぶ」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ゴルフパートナー PRO-AM トーナメント

  • 期間:2022年05月19日-05月22日、
  • 場所:取手国際ゴルフ倶楽部(茨城県)

男子の“黄金世代”清水大成が5差8位で最終日へ テークバック修正で「アイアンがピンに飛ぶ」

2022年05月21日17時37分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 大槻智春 -19
2 B・ケネディ -17
  今平周吾 -17
  比嘉一貴 -17
5 G・チャルングン -15
  S・ビンセント -15
  永澤翔 -15
8 清水大成 -14
  大西魁斗 -14
10 小田孔明 -13

順位の続きを見る

98年度生まれの左から大西魁斗、桂川有人、清水大成

98年度生まれの左から大西魁斗、桂川有人、清水大成(撮影:上山敬太)

ゴルフパートナー PRO-AM トーナメント 3日目◇21日◇取手国際ゴルフ倶楽部 東コース(茨城県)◇6804ヤード・パー70>

昨シーズン、賞金ランク53位で初シードを獲得した清水大成。ところが今季は、「アイアンが出球からグリーンの枠をとらえていない状態が続いていた」と、直近3試合は予選落ち。今大会の練習日もショットが思った方向に飛んでいないように見えたが、始まってみれば4試合ぶりに予選を通過。3日目も6つ伸ばして、トータル14アンダー・8位タイに浮上してきた。

テークバックをシャットに 清水大成のキャリー300yスイング【連続写真】

ショットの不調については「何をすればいいかわからなかった。ひたすらひどいショットを打ち続ける感じでしたね」とずっと修正できずにいた。きっかけは「日大の2、3年生のときのスイングを見ていて、テークバックの上げ方が今とまったく違っていた。昔はもうちょっとシャットだった」という気づきだった。

そこで、インサイドにフェースを開き気味に上げていたテークバックを、「フェースがボールを向けたまま上げる」シャットの動きに修正。「ようやくアイアンがピンに飛ぶようになってきた感じ。(先週の)日曜日くらいから何となくつかみかけてきたのが、今週ハマっている」と手応えを感じている。

清水は98年度生まれの男子版“黄金世代”。昨季の賞金ランキング2位の金谷拓実をはじめ、今季快進撃を続けている桂川有人、大西魁斗も同い年だ。ほかには、19年の「日本アマ」を制した木村太一や、昨シーズンの賞金ランキング37位で初シード入りした小斉平優和らがいる。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場! スコットランドOPのリーダーボード
松山英樹、川村昌弘が出場。米国・欧州共催大会のリーダーボード。
国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
小平智が出場! バーバゾル選手権のリーダーボード
小平智が出場。米国男子ツアー裏トーナメントのリーダーボードはこちら。
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!