松山英樹がいつもの“オレンジ”から“青”で3位に! 気になるシャフトの中身は?【ツアー担当に聞く】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

松山英樹がいつもの“オレンジ”から“青”で3位に! 気になるシャフトの中身は?【ツアー担当に聞く】

2022年05月16日11時50分

シャフトの正体は、Tour AD『BB-8 TX』

 

シャフトの正体は、Tour AD『BB-8 TX』(撮影:GettyImages)

AT&Tバイロン・ネルソン 最終日◇15日◇TPCクレイグランチ(米テキサス州)◇7468ヤード・パー72>

マスターズ以来、およそ1カ月ぶりに試合に復帰した松山英樹は、最終日に10アンダーをマークしてトータル24アンダー。優勝したイ・キョンフンに2打差の3位タイと猛追を見せた。今週開催されるメジャー「全米プロ」を良い形で迎えられそうだが、気になったのはドライバーのシャフト。松山は長年、オレンジのTour AD『DI-8 TX』を使ってきたが、今大会では青いシャフトに変更されている。その経緯について、グラファイトデザインのツアー担当、高橋雅也氏に話を聞いた。

松山が長年使って数々の勝利を挙げてきたTour AD『DI-8 TX』【写真】

「松山プロはスイングを変えている影響でヘッドの重心位置や、シャフトの長さの調整を行っています。現在のスイングとクラブでは、『DI』だとちょっとイメージが湧かないということで、『BB』を使ってみたいという感じらしいです」

青いシャフトの正体は、いまは生産中止となっているTour AD『BB-8 TX』だった。では、『DI』から『BB』ではどんな変化があるのだろうか。「系統的にはさほど変わらないと思います。どちらも先端側がしっかりしたシャフトで、『BB』のほうが『DI』よりも先端の硬い部分がちょっと長いというか、その分キックポイントが手元側に寄ってきています。ですので、手元側のしなりを感じやすいのが『BB』です。ちょっとたまったほうが気持ちがいいのか、その辺は本人から話を聞けていないのでわからないです」と高橋氏はいう。

松山は日々、様々なバリエーションのクラブをテストしている。そのなかで、いま自分にとって最良な一本をチョイスしているのだ。「練習日にはいろんなシャフトをテストしますけども、これまでは本番になると『DI』に戻っていました。『DI』を超えなければ換える必要がないというのが本人の中にあるようです。そのときのイメージが合わなければ、なかなかGOサインは出ませんね」。(高橋氏)

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!