畑岡奈紗「なにかが違う…」 FWキープ率100%→64%で上位争いから一歩後退 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

コグニザント・ファウンダーズカップ

  • 期間:2022年05月12日-05月15日、
  • 場所:アッパー・モントクレア・カントリー・クラブ(ニュージャージー州)

畑岡奈紗「なにかが違う…」 FWキープ率100%→64%で上位争いから一歩後退

2022年05月14日12時10分

畑岡奈紗はショット、パットともに苦しい一日

畑岡奈紗はショット、パットともに苦しい一日(撮影:GettyImages)

コグニザント・ファウンダーズカップ 2日目◇13日◇アッパー・モントクレア・カントリー・クラブ(米ニュージャージー州)◇6656ヤード・パー72>

2戦連続Vに向けて単独3位の好位置で2日目を迎えた畑岡奈紗だったが、ブレーキがかかった。1バーディ・2ボギーの「73」と1つスコアを落とし、トータル6アンダー・13位タイに後退した。

米記者も絶賛 畑岡奈紗の“ちょっといいシーン”【動画】

初日にフェアウェイキープ率100%だったティショットが精彩を欠いた。スタートの10番パー4でいきなりティショットを右に曲げると、パーオンできずにボギー発進。続く11番パー4では左に曲げて、ラフからのセカンドショットがバンカーに入った。「2連続ボギーにしてしまうと流れが悪いので、大きかったですね」と7メートルほどのパットを沈めてなんとかパーセーブしたものの、この“ドタバタスタート”は畑岡のリズムを狂わせた。

17番パー3で約7メートルの下りのバーディパットを沈めてイーブンに戻すが、後半4番パー4ではアプローチを1メートル弱に寄せるも、カップに蹴られてボギー。「きのうと打って変わってチャンスが少ない一日。チャンスについても、パッティングが思い切り打てなかったのが悔しい」と最後まで波に乗ることができず、オーバーパーでのホールアウト。上位争いから一歩後退してしまった。

「朝の練習のときから『なにかが違うな』というのがあって」。大会を放送するWOWOWでのインタビューでこのように明かした畑岡。2日目のフェアウェイキープ率は9/14、パーオン率は14/18(初日は15/18)、パット数は33(初日は27)と全てにおいて「(修正点を)探りながらのラウンドでしたが、見つけられなかった」と、その“違和感”を拭うことはできなかった。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!