「ドローを一辺倒で」 “真逆の125ヤード”で見えた石川遼の現在地 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

中日クラウンズ

  • 期間:2022年04月28日-05月01日、
  • 場所:名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知県)

「ドローを一辺倒で」 “真逆の125ヤード”で見えた石川遼の現在地

2022年04月28日20時05分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
2 今野大喜 -7
3 小田孔明 -6
  稲森佑貴 -6
5 張棟圭 -5
  黄重坤 -5
  桂川有人 -5
  金子駆大 -5
9 上田敦士 -4
  A・エバンス -4
  B・ケネディ -4

順位の続きを見る

もがき続ける石川遼 ドローを究めた先に、目指すゴルフがある

もがき続ける石川遼 ドローを究めた先に、目指すゴルフがある(撮影:米山聡明)

中日クラウンズ 初日◇28日◇名古屋ゴルフ倶楽部和合コース(愛知県)◇6557ヤード・パー70>

和合の18番パー4。フェアウェイ左サイドにフェアウェイバンカーがある。以前は縦長でひとつのバンカーだったが、2018年にふたつに分けてアゴを高くした。ここにつかまればグリーンを狙うのが容易ではなく、ティショットの落としどころが難しくなる。この日のティボックスからは、バンカーを越えるのに287ヤードが必要だった。

豪快にティショットを放つ石川遼【写真】

18番ティイングエリアに立った石川遼は、「無風かちょっとフォローだったので、頑張れば(左のフェアウェイバンカーは)越えるかな」とドライバーを握った。「まあまあのスイングができた」というショットは、きれいなハイドローの弾道で、バンカーを楽に越える位置のフェアウェイにキャリーした。スイング改造を始めて2年。これが成果の一つだ。

「数年前はあのバンカーを越えなかった」。18年大会ではティショットがバンカーにつかまり、ダブルボギーにした経験もある。19年は低くて右に曲がるローフェードで逃げていた。「無理矢理打ちに行くのではなく、しっかりいいスイングをした結果、ハイドロー、ドローになるというスイングを2年かけて作ってきました。15番、16番、18番はそれができていた。長いスパンで1年、2年と振り返ると、明らかにめちゃくちゃ良くなっている。特にドライバーでそれを感じます」。和合ではドライバーで打ちにくいロケーションのホールでも、しっかりとドローで攻めた。飛距離、方向性ともに向上。手ごたえを感じている。

「スコアっていうのは、それ以外の要素で決まってくる。ショートアイアンの距離感や方向性。そこはまだ仕上がっていない感じがしていてもどかしいけど、順番にやっていくことが大事。自分でコントロールできることをしっかり増やしていきたい」。いい仕上がりを見せるドライバーショットに対して、ショートアイアンはまだ未着手だ。スコアは3バーディ・3ボギーの「70」。首位と9打差の53位タイスタートとなったが、10年、15年先を見据えている石川にとっては織り込み済み。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!