“超惜しい”スーパーショットも飛び出した 古江彩佳はデビュー戦に高評価「80点…もう少し高くてもいいかな(笑)」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

ゲインブリッジLPGA at ボカ・リオ

  • 期間:2022年01月27日-01月30日、
  • 場所:ボカ・リオGC(フロリダ州)

“超惜しい”スーパーショットも飛び出した 古江彩佳はデビュー戦に高評価「80点…もう少し高くてもいいかな(笑)」

2022年01月28日09時38分

古江彩佳は80点のスタート

古江彩佳は80点のスタート(撮影:ALBA)

ゲインブリッジLPGA at ボカ・リオ 初日◇27日◇ボカ・リオGC(米フロリダ州)◇6701ヤード・パー72>

温暖なフロリダ州で米ツアー本格デビュー戦を迎えた古江彩佳が、5バーディ・2ボギーで3アンダーの25位タイと上々のスタートを切った。「最初ドライバーが安定していなかったのが残念」と振り返ったが、ラウンド中には“あとわずかで…”というスーパーショットも披露するなどいい形で1日を終えた。

古江彩佳のドライバーが曲がらない理由は?【連続写真つき解説】

マイペースに第一歩を踏み出した。緊張感が高まりそうなティオフ直前には、「気分で」と急遽シャツをチェンジ。そのせいで「準備がバタバタしてしまいました(笑)」と、1番ティで放った記念すべきファーストショットこそバンカーに入ってしまったが、そこからは“普段着ゴルフ”でスコアを伸ばしていった。

2番で初バーディを奪うと、そこから3バーディ・1ボギーと一気に攻勢をかける。最大の見せ場は6番のパー3。このティショットが、カップまであと30センチというベタピンショットに。『ホールインワンか?』と思わせたこん身の一打については、「すごいいいショットが打てたと思う」と本人も納得の表情を浮かべる。後半は1バーディ・1ボギーと伸ばせなかったが、堂々のホールアウトとなった。

「落ちつきがなかったぶん、最初はドライバーが左、左に行ってたかな」と不安を感じる立ち上がりだったが、「チャンスにつけたときに、ミドルパットがうまく入ってくれて、そこが助かった」とグリーン上でしっかり耐え抜いたというのが本人の印象。それでもフェアウェイキープは14ホール中12ホールで、パーオン数も13と、日本と変わらない安定感を見る者には感じさせた。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!