スライサー必見! クルクル回るデスクチェアで『インから下ろす』感覚がわかった! | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

スライサー必見! クルクル回るデスクチェアで『インから下ろす』感覚がわかった!

2022年01月27日16時30分

トップの位置に手元を置いたままの意識で、椅子をクルッと左に回すと、下半身リードで手元が真下に下りてくる感覚がわかる(撮影:田中宏幸)

 

トップの位置に手元を置いたままの意識で、椅子をクルッと左に回すと、下半身リードで手元が真下に下りてくる感覚がわかる(撮影:田中宏幸)

昨季シーズンの賞金ランキングで3位に入り、トッププロへと急成長を見せた木下稜介。ドローヒッターの彼に、スイングで重要視していることを聞くと、「インから下ろすこと」だと答える。その理由とインから下ろすポイントを、27日発売のゴルフ雑誌ALBA837号で木下がレッスンしている。

「インから下ろす」化け物といえば、やっぱりマキロイ!【連続写真】

「スイングではインから下ろすことを一番意識しています。クラブが外から入ってきてカット軌道になるとコスリ球が出て、曲がり幅が大きくなります。その点、インから下ろせば、球がフェースに長く乗ってラインが出せるし、曲がり幅も少なくなります」

インから下ろした方が、ボールがつかまって飛ぶのは頭ではわかっているものの、長年カット軌道のスライスに悩んでいるアマチュアゴルファーは多い。どうしたらインから下ろせるようになるのだろうか?

「インから下ろすときに大事なのは、手の力でクラブを下ろさないこと。手の力に頼ると、右肩が下がってあおり打ちになるからです。一方、下半身リードで下ろせば、自然とインから下りようになります」

そのイメージをつかむためにわかりやすいのが、クルクル回転するデスクチェアを使ったシャドースイングだ。「椅子に座ってスイングすると、下半身リードがよく分かります。普通に腰掛けて、トップの位置に手元を置いたままの意識で、椅子をクルッと左に回しましょう。そうすれば左肩の位置は動かずに手元が真下に下ります。これが、インから下ろす正しい動きです」

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場! 全米プロのリーダーボード
松山英樹、金谷拓実、星野陸也、香妻陣一朗、稲森佑貴、木下稜介が挑む「全米プロ」。リーダーボードはこちら。
新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!