金谷拓実がプロアマのグリーン周りで感じること「SWではなくPWを持つ人のほうが安心」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

金谷拓実がプロアマのグリーン周りで感じること「SWではなくPWを持つ人のほうが安心」

2022年01月22日07時00分

グリーン周りのアプローチで、金谷拓実がSWではなくPWを勧める理由とは?

 

グリーン周りのアプローチで、金谷拓実がSWではなくPWを勧める理由とは?(撮影:福田文平)

金谷拓実が20年10月にプロ転向してから1年とちょっと。ツアーでプロアマを回ったり、契約先とのラウンドも何度か経験した。金谷自身はグリーン周りで60度のサンドウェッジ(SW)を使うアプローチがメインだが、90〜100くらいのスコアで回るお客さんとのラウンドでは「ピッチングウェッジ(PW)を持つ人のほうが安心して見ていられる」という。

PWを使ったアプローチのポイントを金谷が解説【連続写真】

「やっぱりSWはロフトが寝ている分、振り幅が大きくなるし芯に当たる確率は下がります。PWだと同じ距離でも振り幅が小さくなるから、結果的にミスが少なく寄るんです」。ツアープロが試合で回るコースのグリーンは硬くて速い。SWでスピンを利かせないと、ピンの近くには寄らない。でも一般ゴルファーがそれを真似ると、大ケガをしやすいのだ。そもそも、トーナメント並に難しいセッティングで営業しているコースはあまりない。

金谷自身は「グリーン周りでPWを使ったことがない」と笑いながらも、ミスが少ない打ち方を教えてくれた。「ボール位置は真ん中で、クラブを短く持ってボールの近くに立つ。そうすると上から鋭角にボールをとらえられるので、ミスが少なくなるんです」。ボールの近くに立って構えた金谷のアドレスを後方から見ると、手元と太モモの隙間はほぼない。

普段あまり練習しないアマチュアは、パンチが入って大オーバーすることもある。金谷は目線の使い方を指摘する。「アプローチで近くに寄せようと、ピンばかり見ていると目線が上がって思ったよりも上がってしまったり、飛びすぎてしまうことがあります。グリーンエッジに落とすくらいの気持ちで、目線を低くするのがポイント。遠くを見るのではなく、ちょっと先のエッジを見てください。そうすると勝手に振り幅も小さくなって簡単に当たります」と教えてくれた。確かにアマチュアはピンばかり見て、落とし場所の意識がおろそかになりがちだ。

PWはSWよりロフトが立っているのでボールが低く強く飛び出す。たとえグリーンの手前に落ちたとしてもピンに寄っていってくれる。最後に金谷は「プロはSWだけどアマチュアの方にはPWで打ちましょうって、なんだか上から目線で偉そうじゃないですか?」と心配していた。(取材協力:太平洋クラブ八千代コース)

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場! 全米プロのリーダーボード
松山英樹、金谷拓実、星野陸也、香妻陣一朗、稲森佑貴、木下稜介が挑む「全米プロ」。リーダーボードはこちら。
新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!