68年マスターズチャンピオン、ボブ・ゴールビー氏が死去 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ザ・アメリカンエキスプレス

  • 期間:2022年01月20日-01月23日、
  • 場所:PGAウエスト スタジアムC(カリフォルニア州)

68年マスターズチャンピオン、ボブ・ゴールビー氏が死去

2022年01月21日15時31分

ボブ・ゴールビー氏が死去

ボブ・ゴールビー氏が死去(撮影:GettyImages)

1968年の「マスターズ」チャンピオンでPGA ツアー通算11勝のボブ・ゴールビー(米国)がイリノイ州ベルビルで死去、92歳だった。

優勝の瞬間も 松山英樹、圧巻プレーをもう一度【動画】

ゴールビーと聞いても思い起こせない人も多いが、マスターズで起きた「デ・ビセンゾの悲劇」というと記憶が蘇るかもしれない。

1968年のマスターズ最終日、トータル11アンダー、「277」で最終ラウンドを終えると、リーダーボードにはゴールビーと、その2組前でプレーしていたロベルト・デ・ビセンゾ(アルゼンチン)の名前がトップに並んでいた。「プレーオフだ」と確信しゴールビーはグリーン奥のアテストへと向かった。ところが周囲はなぜか騒然としていた。デ・ビセンゾとその同伴競技者のトミー・アーロンが居て鎮痛な面持ちで立ち尽くしていた。ゴールビーがアテストを終えて出てくるとサム・スニード(米国)が声を掛けた。「今、君が優勝したよ」と。

デ・ビセンゾがバーディを奪った17番パー4のスコアを、マーカーであるアーロンが誤って「4」のパーと記入した。そしてデ・ビセンゾは不覚にもそれに気づかずスコアカードにサインしてしまった。その結果、ゴールビーが見事に優勝、グリーンジャケットを手にすることに。デ・ビセンゾは2位に終わった。

ゴールビーは最終ラウンドで13、14番をバーディ、15番パー5では残り200ヤードを3番アイアンで2メートルにつけイーグルを奪い、「66」をマークした。しかしそのプレーは正当な評価を受けられず、心ない人からは誹謗中傷の手紙も受け取った。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!