パターの大定番『ピン型』 松山英樹がずっと愛用し続ける理由は?【ギア豆知識】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

パターの大定番『ピン型』 松山英樹がずっと愛用し続ける理由は?【ギア豆知識】

2022年01月20日15時00分

ZOZOチャンピオンシップに続き、ソニーオープンでもエースの『ピン型』で勝利を収めた

 

ZOZOチャンピオンシップに続き、ソニーオープンでもエースの『ピン型』で勝利を収めた(撮影:GettyImages)

米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」でアジア勢最多に並ぶツアー通算8勝目を挙げた松山英樹。今大会における松山英樹のスタッツを見ていくと、パッティングのスコアへの貢献度を示す『ストローク・ゲインド・パッティング』で“7.264“をマークし、全体1位に輝いている。松山といえば、米国男子ツアーでも屈指のショット力を誇る選手だが、今大会ではそこにパットが噛み合い、トータル23アンダーというビッグスコアにつながったわけだ。

かつては『マレット型』を使ったこともある松山英樹【写真】

そんな松山がキャリアを通じて、愛用するのがスコッティ・キャメロンの『ブレード型』パター、いわゆる『ピン型』と呼ばれる形状のものだ。松山はしばしば違った形状のパターを試したりもするが、最後はエースと呼ばれる『ピン型』に戻ってくる。その理由は何なのだろう?

『ピン型』といえば、今ではパターの定番として定着しているが、その原型となっているのは、クラブメーカーPINGが1966年に発売した『アンサー』パターだ。ヘッドが1枚の板のようなL字やT字といったパターが当たり前だった時代に、トゥとヒールに重量を配分したブレード形状にクランクネックを採用した『アンサー』は画期的にやさしいモデルとして人気を博した。

そのまま『アンサー』の形状はパターの定番となり、メーカー名から取って『ピン型』と呼ばれるようになったのだ。その後、ヘッドサイズを大きくして寛容性を追求した『マレット型』も開発されるようになったが、今でも『ピン型』はさまざまなメーカーから発売されている。(※『ブレード型』、『アンサー型』など呼称はメーカーによってさまざま)

では改めて、『ピン型』のメリットとは何か考えてみよう。一番は性能バランスが良く、ゴルファーの感性を生かせるパターという点が大きいだろう。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場! 全米プロのリーダーボード
松山英樹、金谷拓実、星野陸也、香妻陣一朗、稲森佑貴、木下稜介が挑む「全米プロ」。リーダーボードはこちら。
新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!