金谷拓実が教える憧れのスピンアプローチ練習法 「スティックを延長線にして体の回転で打つ」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

金谷拓実が教える憧れのスピンアプローチ練習法 「スティックを延長線にして体の回転で打つ」

2022年01月19日17時37分

ツアースティックをサンドウェッジとズラして握り、それが体に当たらないようにターンで打つ

 

ツアースティックをサンドウェッジとズラして握り、それが体に当たらないようにターンで打つ(撮影:福田文平)

トーナメント中継や米男子ツアーの公式インスタを見ていると、グリーン周りからギュギュッとスピンをかけて寄せる場面をよく見る。そんなアマチュア憧れのスピンアプローチ練習法を金谷拓実に教わった。金谷は昨シーズン、国内男子ツアーでパーキープ率1位に輝いた“日本一ボギーを打たない男”なのだ。

金谷拓実のスピンアプローチを連続写真でお届け!

「低く打ち出してスピンの効いた球を打つには、ハンドファーストに打つ必要があります」と金谷はいう。そのための練習方法として、ツアースティック(なければ他のクラブでもOK)をサンドウェッジと一緒に握って、クラブを延長して打てばいいという。「ハンドファーストの形がほどけると体にスティックが当たって打てない。当たらないように体の回転を使うと、ハンドファーストに打てるんです」。

スピンアプローチが上手く打てないのは、ダウンスイングでハンドファーストの形が崩れてヘッドが先行し、ボールが上に上がってしまうから。とにかく入射角が大事なのだ。

さらに金谷は、「ボールを右足寄りに置くという人もいるけど、僕がスピンをかけたいときのボール位置は真ん中。右に置くとウェッジの刃が刺さっちゃう。基本的にそんなにターフを取りません。7:3の左足体重で構え、体重移動しないで打ちます」と教えてくれた。

写真では簡単そうに見えるツアースティックを使った練習法だが、いままでハンドファーストに打てていなかった人は、ボールに当てるのすら難しい。本番で一か八かのスピンアプローチに挑むなら、パターで寄せた方がケガは少ないかもしれない。(取材協力:太平洋クラブ八千代コース)

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場! 全米プロのリーダーボード
松山英樹、金谷拓実、星野陸也、香妻陣一朗、稲森佑貴、木下稜介が挑む「全米プロ」。リーダーボードはこちら。
新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!