松山英樹の米通算「8」勝は…世界ランク1位よりも多かった! 20代での勝ち星は3番目の多さ | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

松山英樹の米通算「8」勝は…世界ランク1位よりも多かった! 20代での勝ち星は3番目の多さ

2022年01月18日18時00分

松山英樹がついに通算8勝!

松山英樹がついに通算8勝!(撮影:GettyImages)

先週行われた2022年米国男子ツアー2戦目「ソニー・オープン・イン・ハワイ」で、最終18番ホールで追いつき、プレーオフではイーグルを奪って優勝した松山英樹。これで米ツアー通算8勝目となり、K・J・チョイ(韓国)と並んでアジア人最多タイの優勝数となった。

【永久保存版!】イーグル締め!ZOZOチャンピオンシップもすごかった!【動画】

13年4月にプロ転向を表明し、同年6月には「全米オープン」に出場して10位タイ、続く7月の「全英オープン」では6位タイの成績を収めるなど、ルーキーイヤーから米ツアーで功績を残してきた。そんな松山の米ツアー初優勝は14年の「ザ・メモリアルトーナメント」。トータル13アンダーで並んだケビン・ナ(米国)とのプレーオフを制した。日本人選手の米ツアー制覇は、青木功、丸山茂樹、今田竜二に次ぐ4人目で、最年少での優勝、当時松山は22歳だった。

時は経ち、松山はいま29歳。現在30歳未満の米ツアー選手との通算勝利数を比較すると28歳のジャスティン・トーマス(米国)が14勝、同じく28歳のジョーダン・スピース(米国)が12勝を挙げており、それに続いて3位にランクイン。同じく8勝にはブライソン・デシャンボー(米国)が並んでいる。

世界ランク1位の27歳ジョン・ラーム(スペイン)は6勝、同2位の24歳コリン・モリカワ(米国)は5勝で、まだ松山には及ばない。

松山は2月25日で30歳。次戦は1月26日開幕の「ファーマーズ・インシュランス・オープン」の予定で、はやくも20代9勝目を期待せずにはいられない。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場! 全米プロのリーダーボード
松山英樹、金谷拓実、星野陸也、香妻陣一朗、稲森佑貴、木下稜介が挑む「全米プロ」。リーダーボードはこちら。
新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!