「飛ばそうとしたことで…」 ツアー通算5勝の松村道央が語る苦悩と光明 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

「飛ばそうとしたことで…」 ツアー通算5勝の松村道央が語る苦悩と光明

2022年01月17日17時49分

2018年にシードを喪失した通算5勝の松村道央。今年は再起元年と位置付けた

 

2018年にシードを喪失した通算5勝の松村道央。今年は再起元年と位置付けた

「松は松でも松村だ!」。2013年の「中日クラウンズ」でそんな見出しが躍った。この年はマスターズ覇者・松山英樹のプロデビュー。松山は2戦目の「つるやオープン」でプロ初優勝を遂げると翌戦の「中日クラウンズ」では2週連続優勝を目前にして、1打差の2位で敗れた。勢いに乗る松山の壁となったのは松村道央。ツアー通算5勝を挙げ、2018年まで10年間賞金シードを保持して活躍した。しかし、シードを手放したこの3年間、苦しい時を過ごしている。再起をはかる松村に話しを聞いた。

松村道央が美人妻と優勝カップを掲げる2ショット【写真】

■3年目で初シード獲得と順調にプロ生活をスタート

名門・日本大学ゴルフ部出身の松村は、プロ2年目の07年に国内男子下部のチャレンジツアー(現・アベマツアー)で2勝を挙げて賞金王となり、08年のレギュラーツアーの出場権を手にした。レギュラーツアー1年目は「〜全英への道〜ミズノオープン」で3位タイに入るなど、トップ10入り6回を重ね、賞金ランキング28位でシード権を初獲得。10年には「東海クラシック」で藤田寛之らとのプレーオフを制して初優勝を遂げた。順風満帆なプロ生活のスタートを切り、優勝5回、10年連続賞金シード選手の勲章を持つ。

長年シード選手として活躍した松村は「調子が良かったのは2010年ぐらいまでです。それ以降はごまかしながらやっていました」と振り返る。調子を落としながらも優勝を手にすることもあったが、「ドライバーの飛距離に魅了されてしまいましたね」と話すとおり飛距離を求めたことで自分の持ち味を失い、成績も下降していった。

デビュー当時の松村は、右に曲がるフェードボール一辺倒で結果を残した。2000年頃、フェードボールを武器にタイガー・ウッズ(米国)と世界ランキング1位を競いあったデビッド・デュバル(米国)に見立てて、“和製デュバル”と呼ぶ解説者もいたほどだ。2010年には“飛んで曲がらない”指標であるトータルドライビング部門で1位を獲得したが、どちらかというと飛距離よりも方向性が持ち味。フェアウェイからチャンスを量産して、勝負強いパットで戦ってきた。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場! 全米プロのリーダーボード
松山英樹、金谷拓実、星野陸也、香妻陣一朗、稲森佑貴、木下稜介が挑む「全米プロ」。リーダーボードはこちら。
新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!