PGAトップ選手以上の数値も記録! 日本のルーキー2人が示した脅威のポテンシャル | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

PGAトップ選手以上の数値も記録! 日本のルーキー2人が示した脅威のポテンシャル

2022年01月13日12時32分

河本力(左)と杉原大河がクラブと自分たちの脅威のポテンシャルを見せつけた

 

河本力(左)と杉原大河がクラブと自分たちの脅威のポテンシャルを見せつけた(撮影:ALBA)

12日(水)、都内でキャロウェイゴルフの新製品発表会および報道陣向けの試打会が行われた。ここには昨年プロ転向を果たし、同日にキャロウェイとの総合用具契約締結が発表された河本力(日体大4年)、杉原大河(東北福祉大4年)が登場したが、そこで驚くべきポテンシャルを見せつけた。

ヘッドスピードもやばい!これが脅威のボールスピードをたたき出した河本力のスイング【動画】

そのシーンは会の終盤。河本と杉原がこの日お披露目となった同社の新ドライバー『ローグST』の性能を示すためのデモンストレーションを行った時の話だ。もともと、この新ドライバーは、コンマ何秒を争うレーシングカーの進化に発想を得て、ボールスピードを極限まで高めるようなフレーム作りや、フェース反発などが目指された製品。その性能をともに飛距離320ヤードに迫る若手が引き出した。

「アマチュアゴルファーでも平均1m/sはボールスピードが上がる」と同社が自信を持って送り出す製品を使用し行った事前のテストでは、河本が80.1m/sで杉原が79.7m/sのボールスピードを記録。これは同じキャロウェイ契約で、東京五輪金メダリストのザンダー・シャウフェレ(米国)の78.7m/sをしのぐ数値ということもアナウンスされた。そして会場で、2人のルーキーがさらなる記録更新を目指した。

多くの報道陣の前でのスイングとあって緊張が隠せないなか、まず最初に挑んだ杉原は1回目に78.7m/s、2回目に78.3m/sをマーク。それを見て続けて挑戦した河本は、事前データを上回る83.8m/s、83.7m/sと高数値をそろえた。「打感はやわらかいけど初速が出るいいドライバー」(杉原)、「ヘッドのおかげです(笑)。自分でもビックリ」(河本)と謙遜したが、クラブ性能だけではなく、自らの脅威のパワーも見せつけることに成功した形だ。

会場には、主な契約プロのボールスピードが掲示されたボードもあったのだが、そこには石川遼が77.4m/s、河本の姉の結が65.9m/s、西村優菜が58.9m/sと記載。これと比べても、2人のルーキーの数値がいかに高いかが見てとれる。ちなみに会が終わりフォトセッション後に再チャレンジした時には、河本がこの日最高となる84.5m/sを記録。そのパワーはまさに“底なし”といえる。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!