金谷拓実がパターのヒールを浮かせるのは「左腕とパターを一直線にするため」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ソニー・オープン・イン・ハワイ

  • 期間:2022年01月13日-01月16日、
  • 場所:ワイアラエCC(ハワイ州)

金谷拓実がパターのヒールを浮かせるのは「左腕とパターを一直線にするため」

2022年01月12日12時14分

金谷はボールに近く立ってパターのヒールを浮かせ、左腕とパターを一直線にしている 反対にボールから遠いと、左腕とパターに角度ができる(撮影:福田文平)

金谷拓実がハワイで行われる米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」で新年初戦を迎える。金谷といえばパッティングの上手さに定評があり、昨シーズンの国内男子ツアーの平均パットは片岡尚之に次いで2位だった。そのパッティングスタイルは独特で、左手が下、右手が上のクロスハンドで握り、ボールの近く立ってパターのヒールを浮かせて構える。この打ち方のメリットについて、本人に聞いてみた。

金谷拓実のグリップを接写【写真】

「アドレスでボールが遠いと、パターと左腕に角度ができますけど、近づいてパターを吊って構えることで左腕とパターが一直線になるんです」と金谷がいうように、前方からの構えを見てみると、左腕とパターが一直線になっている。

そして、クロスハンドで構えるため、右腕よりも左腕主導のストロークになる。「僕は右利きですけど、ストロークのイメージは左。そのほうがフェース面を感じやすいし、左腕とパターが一直線なので同調しやすいんです。ストロークのイメージは(円弧を描くのではなく)真っすぐです」と教えてくれた。

金谷がお手本にしたのは、米ツアーのパットの名手、スティーブ・ストリッカー(米国)。かつてはタイガー・ウッズ(米国)もストリッカーに教えを請い、ヒールを浮かせて打っていた。ボールの近くに立つと窮屈なので、「手の無駄な動きを減らせる」というメリットもある。

また、このクロスハンドグリップにも外から見ただけではわからない秘密がある。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!