金谷拓実がマスターズ出場を決めた一打 「バーディを獲らないとトップ50に入れないと感じていた」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

金谷拓実がマスターズ出場を決めた一打 「バーディを獲らないとトップ50に入れないと感じていた」

2022年01月11日07時30分

金谷拓実21年最後のショットがマスターズを引き寄せた

 

金谷拓実21年最後のショットがマスターズを引き寄せた(撮影:上山敬太)

2021年を世界ランキング50位で終えた金谷拓実。これで『前年最終週の世界ゴルフランキング50位以内』の資格で今年4月に行われる「マスターズ」出場を決めた。

金谷拓実のドライバースイング【連続写真】

思い出されるのは、昨シーズン最終戦の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」最終日の最終18番ホール。実測214ヤードのパー3は、グリーンの傾斜が強く、ティショットを奥に外せばダブルボギーも覚悟しなければならない難ホールだ。金谷はここでバーディを奪って土壇場で単独3位に入り、翌週に発表された世界ランキングで初めて世界ランキングトップ50に入った。

18番のティイングエリアに立ったとき、「優勝を目指していたけど、それが厳しい状況になって、バーディを獲らないと、(世界ランキングで)トップ50に入れない」と金谷は感じていた。リーダーボードでは谷原秀人がトップを走り、宮里優作、池村寛世、堀川未来夢が金谷よりも上にいた。全員が崩れて優勝が転がり込む可能性は低い。

金谷が2本入れている5番アイアンのうち、“飛ぶ方”で放ったティショットは、グリーン右手前に切られたピンに対して奥に着弾し、傾斜で戻して1メートルにつける起死回生の一打となった。「狙うとかじゃなかったです。あんなに戻ってくるとか計算できないし(笑)。ただピンに向かってその距離を打つ。あと結果はお任せします、みたいな」と本人は笑いながら、このスーパーショットを振り返る。

18番のグリーン上で改めてリーダーボードを確認した金谷は、「このバーディパットを入れたらマスターズ。外したらトップ50に入れないと何となく感じた」と、優勝争いとは違う緊張感のなかにいた。そして見事にこれを決めきり、“直感”の通りマスターズへの切符をつかんだのだった。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!