世界で受けた過酷な試練を乗り越えて 松山英樹と重ねた2つの海外メジャー【名勝負ものがたり】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

世界で受けた過酷な試練を乗り越えて 松山英樹と重ねた2つの海外メジャー【名勝負ものがたり】

2022年01月05日08時00分

いくつもの試練がトミーを強くした

 

いくつもの試練がトミーを強くした(撮影:GettyImages)

歳月が流れても、語り継がれる戦いがある。役者や舞台、筋書きはもちろんのこと、芝や空の色、風の音に至るまでの鮮やかな記憶。かたずを飲んで見守る人の息づかいや、その後の喝采まで含めた名勝負の舞台裏が、関わった人の証言で、よみがえる。

激動のバックナインも!松山英樹のマスターズ制覇を写真で振り返る

今回は23歳時にマスターズと全英で屈辱にまみれた中嶋(当時は中島)常幸が、31歳にして両メジャーで優勝争いを演じるまで。

オーガスタナショナルGC13番パー5。今も語り継がれる「13」の大叩きが生まれたのは、1978年のマスターズ2日目、金曜日のことだった。中嶋はこう回想する。

「ティショットを左に引っかけた。フックしたボールが木に当たり、クリークに入った。ドロップして3打目を打った後、4打目は残り90ヤード。ピンは手前だったね。このショットが弱くてまたクリークの中へ。でも打てそうだった。だから5打目を打ったけど、これが自分の体に当たって2ペナルティー。我を忘れて(ハザード内の)地面を叩いてまた2ペナルティー(笑い)。打ち直しの11打目をグリーン奥に打って2パット」。我を忘れる事態だっただけに、スコアの計算もおぼつかない。「同伴プレーヤーと15番のフェアウェイまで数えていて、ようやく『13』で落ち着いた」(中嶋)

初日の「80」に続き、2日目も80。中嶋のマスターズ初挑戦は、13番でのワースト記録とともに、ショッキングな結果に終わった。当時、傷心の中嶋は「一刻も早くオーガスタを離れたい」と語り同行した加納徹也氏(ゴルフリポーター)とともにアトランタ空港まで車を走らせ、一夜を明かすことになる。「勉強のために残る、というのは許されない雰囲気でもあったよね。親父(父・巌氏=故人)から早く帰って来いと言われたし」。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

松山英樹出場! ソニー・オープン速報
22年2戦目「ソニー・オープン」のリーダーボードはこちら!
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【萌木の村 八ヶ岳ブルワリー】 そのビールの特徴と製法について聞いてみました!
豊かな自然を見ながら、美味しいビールを飲み、ゆっくりと流れる時間を味わうことが出来る場所でした。
【ソニーオープンinハワイ2022 】松山英樹の“非現実的な”ウイニングショットを生んだ3番ウッドは?
プレーオフ・18番パー5(549ヤード)、残り277ヤードから放った2打目でイーグルを引き寄せたショットのFWとは
見るべきゴルフ系YouTubeは
ゴルフの世界もYouTubeは必須の情報源。そこで人気ゴルフYouTubeチャンネル仕掛け人におすすめを聞いた。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!