「予選会というより試合」 古江彩佳は8差首位を追う戦いへ | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > > 記事

LPGA Qシリーズ(後半)

  • 期間:2021年12月09日-12月12日、
  • 場所:ハイランド・オークスGC(アラバマ州)

「予選会というより試合」 古江彩佳は8差首位を追う戦いへ

2021年12月09日11時00分

“トップ通過”を目指すうえでもグリーン攻略は必須だ(撮影:ALBA)

<Qシリーズ(後半) 事前情報◇8日◇ハイランドオークス(米アラバマ州)◇6677/6356ヤード・パー72)>

米国女子ツアー出場権をかけた最終予選会の後半4ラウンドを前に、古江彩佳が意気込みを語った。当初110人が出場した予選会も、前半4ラウンドを終えて74人まで絞られた。そのなかで古江は首位と8打差の7位で残りの競技に向かう。

これが18番のグリーン 手前からの傾斜が“エグすぎる”…【写真】

「いいところにはいられていると思うけど、まだ上を目指して頑張りたい」。前半4日間はピタッとはまることのないグリーン上のパフォーマンスに苦戦したが、あすからの後半戦はコースも変わり、新たな気持ちで臨むことになる。とはいえ、スコアは持ち越しになるため、上位陣を追うことには変わりない。

日曜日に前半戦が終了すると、翌日からすぐに後半戦のコース入り。合計2回の練習ラウンドを消化した。ポイントに挙げるのはグリーン。「すごく傾斜がある。つける位置で難しくなるので、ショットもパットも重要になってくる」とあらゆる面で警戒が必要だ。

練習ラウンドの仕上げとなった最終18番。グリーンの手前半分が急傾斜で、これを滑り落ちるとレッドペナルティーエリアが待ち構える。古江もここで傾斜のチェックをしたところ、「グリーン左側の傾斜が強くて(手前だと)赤杭に入りそうな傾斜。試したら消えていきそうなスピードで転がったので、『あ、やばいな』と」。転がしてみたボールは想像以上の速さで傾斜を下っていた。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場! 全米プロのリーダーボード
松山英樹、金谷拓実、星野陸也、香妻陣一朗、稲森佑貴、木下稜介が挑む「全米プロ」。リーダーボードはこちら。
新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!