「来年こそは…」 歴代最高の総合力ナンバー1・大槻智春の悩み  | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

「来年こそは…」 歴代最高の総合力ナンバー1・大槻智春の悩み 

2021年12月07日11時50分

“総合力ナンバー1男”大槻智春(右)が来季狙うのは、やはり“優勝”だ

 

“総合力ナンバー1男”大槻智春(右)が来季狙うのは、やはり“優勝”だ(撮影:村上航)

国内男子ツアーは「ゴルフ日本シリーズJTカップ」でシーズンが終わり、6日にはジャパンゴルフツアー表彰式が行われた。平均ストロークやドライビングディスタンス、フェアウェイキープなどツアーの主要部門1位の選手や最優秀選手賞(MVP)、ゴルフ記者賞など17部門で表彰する。

金谷拓実、中島啓太ら出席!華やかな表彰式の様子を写真でお届け

そのなかで、メルセデス・ベンツトータルランキング賞(※)というものがある。総合的に優れた選手を選出することを目的に、平均ストローク、平均パット数、パーキープ率など、主要9部門の順位をそのままポイント換算し、合計して最も少ない選手が1位となる。

この今季の総合力ナンバー1の称号を手にしたのは大槻智春だ。イーグル率とトータルドライビングで1位。バーディ率3位、サンドセーブ率4位など上位が多く、最も悪くてもドライビングディスタンスの22位。総合ポイントは88で、2位・金谷拓実の127ポイントを大きく離している。この88ポイントは、9部門で算出されるようになった2002年以降、06年の片山晋呉の92を上回る歴代最高のポイント。大槻がいかに穴のない選手かが分かる。

「総合力1位とは感じないですよね。勝ちたかったです」。19年に「関西オープン」でツアー初優勝を遂げた大槻。今季は2位4回、3位2回を含むトップ10入り12回で賞金ランキングは10位に入ったが、2勝目を手にできなかったことに悔いが残る。

「パッティングが入らなさすぎましたね」。シーズンを通して入ったという記憶が少ないという。平均パット数(パーオンしたホールのみ)の数値を見ると1.7563で16位。パーオン率は69・67パーセントで7位、バーディ率は4.17で3位と、データだけ見ると、きっちりバーディが獲れているように感じるが本人の肌感では違う。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場! 全米プロのリーダーボード
松山英樹、金谷拓実、星野陸也、香妻陣一朗、稲森佑貴、木下稜介が挑む「全米プロ」。リーダーボードはこちら。
新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!