「完璧!」 星野陸也、大ピンチを乗り切った自画自賛のプロテク | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ゴルフ日本シリーズJTカップ

  • 期間:2021年12月02日-12月05日、
  • 場所:東京よみうりカントリークラブ(東京都)

「完璧!」 星野陸也、大ピンチを乗り切った自画自賛のプロテク

2021年12月03日19時35分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 宮里優作 -9
2 星野陸也 -6
3 谷原秀人 -5
  永野竜太郎 -5
5 上井邦裕 -4
  稲森佑貴 -4
  池村寛世 -4
8 岩田寛 -3
  J・パグンサン -3
  香妻陣一朗 -3

順位の続きを見る

難所を鮮やかロブショットで乗り切った星野陸也

難所を鮮やかロブショットで乗り切った星野陸也(撮影:上山敬太)

ゴルフ日本シリーズJTカップ 2日目◇3日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70>

前日喫した最終ホールのダブルボギーを「倍返ししたい」。そんな思いを持ってこの日5つ伸ばして迎えた18番パー3。ティショットはグリーン左奥に外し、連日のダブルボギーが頭によぎる。しかし、ロブショットでピン下1.5メートルに寄せると、パーセーブとはいかなかったが、大ピンチをボギーで乗り切った。「66」のラウンドは、トータル6アンダー、首位と3打差で週末に向かう。

ノリノリの宮里優作でもパーセーブならず この日は18番が牙を剥いた【写真】

「きのうよりティショットはぶれていました」。それでも6番パー5で9メートルを沈めてイーグルを奪うなど、「決めたいところで決められた」と、17番終了時点でボギーを1つに抑えてスコアを伸ばした。18番パー3は、今日はグリーンの右奥にピンが切られていた。「昨日の倍返ししたかったけど、ピン位置を見てパー4のつもりでグリーンセンター狙い」で打ったティショットは、フック回転が強く左に曲がり、グリーン左奥の左足下がりのラフに止まった。「予想外のところで大ピンチ。倍返しされるところでした」。グリーンは奥から急傾斜。ボールは左足下がりで、グリーンは砲台状だ。

そこで星野が魅せたのはロブショット。ロブショットはカット軌道で打ちたくなるが、右回転がかかるとグリーンの傾斜と相まって止まらない。「カットに振らないロブ」を狙った。「完璧なロブ」と自画自賛したショットは、ボールがふわりと上がって順回転。ピン下1.5メートルに止まるスーパーショットだった。「完璧なロブショットをしたから決めたかったけど」というパーパットは外れてしまったが、ボギーで切り抜けたのはあす以降につながる。

ちなみに、左足下がりからの順回転ロブショットは、クローズスタンスに構えて素振りを行い、カット軌道にならないところにボールを置いて「ドローを打つイメージ」というプロテクだ。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!